書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 新刊 > 考えるシリーズ ④源氏以後の物語を考える

注釈書・単行本など 詳細

源氏以後の物語を考える

立ち読みする

考えるシリーズ④ 源氏以後の物語を考える

─継承の構図
書名かな かんがえるしりーず4 げんじいごのものがたりをかんがえる ―けいしょうのこうず
著者(編者)名 久下裕利 編
著者(編者)名かな くげひろとし へん
ISBNコード 978-4-8386-0432-6
本体価格 3,000円
税込価格 3,240円
判型 四六判上製カバー装
頁数 248頁
刊行日 2012年5月20日
在庫 有り
   目 次

久下裕利 後期物語創作の基点 ―紫式部のメッセージ─
大槻福子 『夜の寝覚』の女君 ─かぐや姫と楊貴妃と─
井上新子 『浜松中納言物語』・『狭衣物語』の終幕 ─『竹取物語』における〈永訣〉の構図の継承と展開─
辛島正雄 「むねいたきおもひ」の果て ─『御津の浜松』最終巻読解のための覚書─
陣野英則 『堤中納言物語』「はいずみ」前半部の機知と諧謔
後藤康文 『はなだの女御』の〈跋文〉を考える ─『堤中納言物語』の本文批判と解釈─
西本寮子 頼通の時代と物語文学 ─『とりかへばや』から考える─
横溝 博 按察家の人々 ─『海人の刈藻』を中心として─
妹尾好信 『雲隠六帖』は『源氏物語』の何を補うか
久下裕利 あとがき─『狭衣物語』の世界

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記