書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 平安朝物語の後宮空間 ─ 宇津保物語から源氏物語へ ─

研究書(文学系) 詳細

平安朝物語の後宮空間 画像

立ち読みする

平安朝物語の後宮空間

― 宇津保物語から源氏物語へ ―
書名かな へいあんちょうものがたりのこうきゅうくうかん                   うつほものがたりからげんじものがたりへ 
著者(編者)名 栗本賀世子 著
著者(編者)名かな くりもとかよこ ちょ
ISBNコード 978-4-8386-0269-8
本体価格 8,500円
税込価格 9,180円
判型 A5上製カバー装
頁数 256頁
刊行日 2014年4月20日
在庫 在庫あり
  • •序/平安宮内裏図/凡 例 
    •  第一編 『宇津保物語』の後宮空間
    •第一章 朱雀帝后宮考─常寧殿を用いる母后─
       一 はじめに
       二 史実における常寧殿(后町)
       三 母后の内裏滞在と政治
       四 結び
    •第二章 仁寿殿女御考─その殿舎をめぐって─
       一 はじめに
       二 史実における仁寿殿
       三 『宇津保物語』の仁寿殿
       四 後宮の主役、仁寿殿女御
          1 内侍のかみ巻と仁寿殿女御
          2 華麗なる「賄ひの女御」
       五 結び
    •第三章 東宮の後宮─梨壺の問題を中心に─
       一 はじめに
       二 史上における梨壺の皇妃─慶子と安子
       三 仲忠妹の設定─梨壺に住まう東宮妃
       四 内裏にひしめく東宮妃たち─非現実的な東宮後宮
       五 結び
    •  第二編 『宇津保物語』から『源氏物語』への展開
    •第一章 殿舎名で呼ばれる更衣たち─梅壺更衣から桐壺更衣へ─
       一 呼称「桐壺更衣」の先行研究と問題点
       二 皇妃の俗称としての「更衣」
       三 忠こそ巻と桐壺巻
    •第二章 藤壺の系譜─『宇津保物語』あて宮を始発として─
       一 はじめに
       二 史実における藤壺の皇妃たち
       三 あて宮と藤壺
       四 藤壺中宮への影響
          1 寵妃から母后への変貌
          2 男主人公との絆─密通の有無
       五 結び
    •第三章 宇津保・源氏の承香殿─悲願を果たしえぬ皇妃たち─
       一 はじめに
       二 史上の承香殿女御─時めかぬ女御たち
       三 物語の承香殿たち─後宮の脇役としての造型
       四 結び
    •  第三編 『源氏物語』の後宮空間
    •第一章 斎宮女御の梅壺入り─後見との関わりをめぐって─
       一 はじめに
       二 梅壺の皇妃たち
       三 光源氏の配慮
         「うけばりたる親ざまには聞こしめされじ」
       四 結び
    •第二章 玉鬘の踏歌見物─宮中参内の意義をめぐって─
       一 はじめに
       二 承香殿の共用
       三 男踏歌の六条院への不参
       四 天皇と臣下の人妻の恋
       五 結び
    •第三章 女三宮の輿入れ─入内・参院儀礼と比較して─
       一 はじめに
       二 平安時代の天皇・上皇の婚姻儀礼
          1 先行研究の問題点
          2 益田勝実説の再検討
       三 「准太上天皇」の利用
       四 結び
    •第四章 宿木巻の藤壺女御─繰り返される藤壺─
       一 はじめに
       二 御代替わりに伴う皇妃の移動
       三 物語の内なる準拠
       四 結び
    •初出一覧/あとがき/索引


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記