書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 日本語の歴史 5上 ―音便の千年紀―

注釈書・単行本など 詳細

日本語の歴史5上 書影

立ち読みする

日本語の歴史 5上

―音便の千年紀―
書名かな にほんごのれきしご じょう おんびんのせんねんき
著者(編者)名 柳田征司 著
著者(編者)名かな やなぎだせいじ
ISBNコード 978-4-8386-0452-4
本体価格 2,000円
税込価格 2,160円
判型 四六判並製カバー装
頁数 208頁
刊行日 2014年5月10日
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
目次 
はじめに
一 古代日本語と近代日本語
 橋本進吉氏の指摘
 母音連続の忌避
 母音連続の忌避の例外
 イ音便のはしり ―「櫂」「掻イ貫キ」
 「櫂」をイ音便と見ない立場
 母音連続を積極的に生み出したイ音便

二 上代特殊仮名遣い
 上代特殊仮名遣いの歴史的意味 ―従来の受けとめ方
 上代特殊仮名遣い
 発見の影響
 上代日本語六母音説
 上代日本語五母音説
 オ段甲乙二類の音による知的意味の弁別
 オ段甲乙の音による知的意味の弁別
 オ段甲乙の相補分布説
 「母音交換」は静的に観察した対応関係
 造語法としての母音交換は犠声擬態語に限られる
 上代語の母音交替例
 生産性の高い造語法は複合である
 先史日本語四母音説
 CuCo乙
 森重敏氏の五母音説
 後発転成母音の性質
 「リ」と「タリ」
 存続表現の原初形
 <テアリ→タリ>の成立と展開
 甲乙二類の混乱と混同
 上代特殊仮名遣い(八母音体系)の歴史的意味
 
三  母音連続に生じた脱落
 脱落の原理
 第一則・第二則
 第三則
 第四則
 第五則
 第六則
 「カハヘ」
 「カタモヒ」
 二形を持つ母音脱落例
 類推説
 脱落と転成
 脱落と転成が生起した時期
 漢字音の母音連続

四 脱落・転成を起こさぬ母音連続 ―母音連続型字余り
 先学の研究
 素朴な直感に立ち戻ると
 単純語に現れる母音連続
 複合語に現れる母音連続
 二つの文節の切れ目にまたがって現れる母音連続
 非字余り句の現れ方の片寄り
 「五音節目の第二母音以下」
 第二・第四句の二分唱詠
 文構造上の関係
 字余りになりやすい文構造関係
 字余りになりにくい文構造関係
 短句第一・第三句と長句第二・第四句
 第五句
 母音連続の性格
 上代日本語の母音連続
 
五 音便
 音便はなぜ起きたのか ―先学の説
 音便は何をもたらしたのかという視点
 促音便・撥音便のはしり
 音便のはしりに音便生起の原因を見る
 音便生起の時期
 カ・ガ行動詞イ音便生起の原因
 ウ音便
 四段活用動詞は音便を起こし、上二段活用動詞は音便を起こさないのはなぜか
 イ音便が一般化し、定着した原因 ―音節構造の転換
 ウ音便
 促音便・撥音便のはしり ―合わせて鼻母音について
 促音便・撥音便が一般化し、定着した原因―促音便・撥音便の成立
 外来語である漢語の扱い
 音便生起の原因

六 非母音連続型字余り
 非母音連続型字余りと母音や子音の脱落
 非母音連続型字余りと促音便
 非母音連続型字余りと撥音便
 重音脱落1(子音の脱落)と非母音連続型字余り
 重音脱落2(母音の脱落)と非母音連続型字余り
 語頭狭母音の脱落と非母音連続型字余り
 脱落で説明できない非母音連続型字余り(短歌)
 脱落で説明できない非母音連続型字余り(長歌)

七 長音
 「加安」(蚊)「紀伊」
 後発転成母音
 一音節名詞の長音
 二音節第五類名詞
 中止法・終止法の下降調
 形容詞の終止形・連体形
 サ変動詞の終止形
 動詞連用形
 その他の中止法・終止法
 動詞の連体形
 一音節動詞の補強
 母音連続
 強調の長音
 感動詞
 古代詞の長音
 近代語の長音
 古代後の長音と近代語の長音
 
八 拗音
 平安初期における拗音表記
 ア行表記
 ヤ行表記
 音節構造転換後の拗音
 類音字表記のことなど
 拗音
 音節構造の転換と撥音・促音の生成

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記