書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 考えるシリーズⅡ ①知の挑発 王朝文学の古筆切を考える

注釈書・単行本など 詳細

王朝文学の古筆切書影

立ち読みする

考えるシリーズⅡ①知の挑発  王朝文学の古筆切を考える

―残欠の映発
書名かな かんがえるしりーず に いち ちのちょうはつおうちょうぶんがくのこひつぎれをかんがえる
著者(編者)名 横井 孝・久下裕利編
著者(編者)名かな よこいたかし・くげひろとしへん
ISBNコード 978-4-8386-0271-1
本体価格 10,000円
税込価格 10,800円
判型 A5判上製カバー装
頁数 328頁
刊行日 2014/5/20
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
目次
Ⅰ『寝覚』『巣守』の古筆切

 『夜の寝覚』末尾欠巻部断簡の出現
  ─伝後光厳院筆物語切の正体─  横 井 孝

 挑発する『寝覚』『巣守』の古筆資料
  ─絡み合う物語─         久下裕利

 『夜の寝覚』末尾欠巻部分と伝後光厳院筆切
                      大槻福子

 『夜の寝覚』・『巣守』の古筆切をめぐる研究史
                      栗山元子

 座談会 王朝物語の古筆切 池田和臣・加藤昌嘉
 ・久下裕利・久保木秀夫・小島孝之・横井孝(司会)107

Ⅱ物語の古筆切

 定家本源氏物語本文研究のために
  ─四半本古筆切の検討─  佐々木孝浩133

 伝聖護院道増筆断簡考
  ─新出賢木巻断簡の紹介から、道増の用字法に及ぶ─
                      田坂憲二

 伝西行筆源氏集切の意義
  ─鎌倉時代における『源氏物語』享受の一端として─
                      中葉芳子

 『源氏人々の心くらべ』『源氏物あらそひ』の祖型の断簡
  ─『源氏物語』評論の初期資料発掘─  池田和臣

 狭衣物語のからみあう異文
  ─古筆切を横断する─     須 藤 圭

Ⅲ和歌の古筆切

  冷泉家本と古筆切        田 中 登

 『古今集』高野切の伝来と由来  久保木秀夫

 藤原通俊の続新撰について
  ─伝足利義尚筆後拾遺集断簡の紹介─ 浅 田 徹

 古筆切と機縁と
  ─あとがきにかえて─    横 井 孝

 執筆者紹介


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記