書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 女中ことば集の研究─女性語の制度化と展開─

研究書(語学系) 詳細

2014_1020

立ち読みする

女中ことば集の研究

─女性語の制度化と展開─
書名かな じょちゅうことばしゅうのけんきゅう
―じょせいごのせいどかとてんかい―
著者(編者)名 松井利彦 著
著者(編者)名かな まついとしひこ
ISBNコード 978-4-8386-0278-0
本体価格 14,000円
税込価格 15,120円
判型 A5上製函入
頁数 640頁
刊行日 2014/10/20
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。


◎50年に亘る、女性語研究の集大成◎

中世後期~近代における女性語の実態・変化・価値について、丹念な資料研究により解き明かす.
数多く出現した女中ことば集に四方から照明を当て、それらのありのままの姿、また互いの関連を示した徹底検証.

資料多数(女中ことば集影印、女中ことば集一覧表、詳細な索引付き).


はじめに
序章  女中ことば集の成立
第一部 伝書系の女中ことば集
 第一章 伝書系女中ことば集の編者
 第二章 奥書をもつ女中ことば集
 第三章 伝書としての女中ことば集
第二部 女性書系の女中ことば集
 第一章 女性書の女中ことば集の整理
 第二章 女性書の女中ことば集の名称
 第三章 女性書の女中ことば集の位相
 第四章 女中ことばの終焉と展開

第三部 女中ことば集の背景
 第一章 中世後期の故実的世界における敬語生活
 第二章 『日葡辞書』の女性語
 第三章 武家礼法としての女中ことば
       ─「くさむすび」の成立事情─
第四部 公家ことばの諸相
 第一章 中世後期における公家社会の女性の表現
 第二章 公家社会の女性語
       ─中世後期の擬態語をめぐって─
 第三章 公家社会の女性語の伝播
       ─「するすると」の場合─
終章
おわりに
論文発表覚え書き
附録 女中ことば集影印
 元禄五年本『女中詞』(国立国会図書館蔵)
 安永五年本『女言葉』(姫路文学館蔵)
附表 女中ことば集一覧
索引 事項・語句/人名・書名





一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記