書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 源氏物語逍遙─村井利彦著述集

研究書(文学系) 詳細

源氏物語逍遙書影WEB

立ち読みする

源氏物語逍遙

村井利彦著述集
※在庫なし
書名かな げんじものがたりしょうよう
著者(編者)名 村井利彦著
著者(編者)名かな むらいとしひこちょ
ISBNコード 978-4-8386-0279-7
本体価格 5,000円
税込価格 5,400円
判型 A5判上製カバー装
頁数 410頁
刊行日 2014/12/19
在庫 在庫なし
  • 序 …………………………紫式部学会前会長 秋山  虔
    凡 例
     Ⅰ 巻々と人物
    桐壺の夢
    帚木三帖仮象論 第二稿
    源氏物語若紫巻論─若紫の思念─
    夕顔の西の対、玉鬘の西の対─源氏物語、しづのをだまき考─
    紫のゆかり─若紫と以後の巻々─
    花散里の位置
    朝顔斎院の作用
    源氏物語螢巻─「物語論」のために─
    檀の木の下で─源氏物語篝火巻管見─
    若菜の前景
    若菜の構造
    宇治の眺望─源氏物語終末論のためのノオト─
    浮舟の行方─源氏物語墓守論のために─

  •  Ⅱ 物語の思想
    楽府・諷諭詩・源氏物語
    嵯峨野釈迦像へのまなざし
      ─源氏物語の仏教思想断面─
    母北の方の熱望─源氏物語の出発─
    紫上のよるべ、帰天の思想
      ─源氏物語の女人往生─
    髭黒の長征─源氏物語の政治─
    輔翼の思想
      ─頭中将と光源氏、柏木と夕霧の友情─
    夜光る玉─海龍王・明石一族・神仙源氏物語─

  •   
     Ⅲ 文学の周辺
    業平より行平へ─源氏物語教育論の外延─
  •  岡 一男
     (「昭和の源氏物語研究史を作った十人 四」より)
    事例報告─披露宴は後の祭り─

  • 初出一覧
    村井利彦 略歴
    村井利彦 講演会等開催記録
    村井利彦著「爪印」について……かわら塾 渡辺征三郎
    写真


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記