書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代語研究 第十八集

研究書(語学系) 詳細

20150225

立ち読みする

近代語研究 第十八集

〈古田東朔教授追悼論文集〉
書名かな きんだいごけんきゅうだいじゅうはちしゅう
著者(編者)名 近代語学会編
著者(編者)名かな きんだいごがっかいへん
ISBNコード 978-4-8386-0280-3
本体価格 18,000円
税込価格 19,440円
判型 A5上製函入
頁数 672頁
刊行日 2015/2/25
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。

    目  次

はしがき

古田東朔教授略歴

山田  潔/抄物における助詞「ばし」の構文論的考察

田和真紀子/感動詞・応答詞と評価的な程度副詞との連続性について─大蔵虎明本における「ナカナカ」の分析から─

小林 千草/『天草版平家物語』から『太平記拔書』へ

 不干ハビアン、J・ロドリゲスそれぞれの葛藤と軌跡

佐藤 貴裕/易林本『節用集』版本研究覚書─匡郭考─

岩下 裕一/「売れぬ日はなし」─商いと俳言─

米田 達郎/近松世話浄瑠璃を中心とした終助詞ワイノについて─鷺流狂言保教本における終助詞ワイノ再考─

齋藤 文俊/江戸時代における白話小説の翻訳と可能表現

─「雅」「俗」二つの漢字文化─

肥爪 周二/山県大弐の悉曇学と国語音声観察

中野 伸彦/近世における「~まじりに~」

小松 寿雄/明和の洒落本における係助詞ハの変容

─付・浮世風呂・浮世床との比較─

坂詰 力治/和漢混交文としての『雨月物語』の文章

─二形対立の用語を中心とした一考察─

矢野  準/[報告]『身代開帳略縁起』の表記実態

─福岡女子大学蔵本による─

土屋 信一/式亭三馬「風流稽古三弦」について

坂梨 隆三/春色梅児誉美の「腹を立つ」について

鈴木丹士郎/上一段「射る」の五段化状況

進藤 咲子/「『文明論之概略』草稿の考察」に関する研究ノート

松井 利彦/明治前半期の接頭辞「不」と「無」

今野 真二/明治のリテラシー

鏡味 明克/鉄道列車名の形成と変化

園田 博文/〇歳児・一歳児用絵本に現れる植物・食べ物

─名の由来と特徴─

村上  謙/近世語研究の学史的展開

─戦前における「対立」の思想を中心に─

小島 聡子/宮沢賢治の童話における程度副詞

─程度の大きさを表す表現について─

田中 章夫/東京語の大正時代

伊藤 博美/近代以降の謙譲表現における受影性配慮について─「お/ご~申す」「お/ご~する」「させていただく」─

長崎 靖子/パリ万博録音資料の分析

─江戸・明治期を中心とした口語資料との比較から─

真田 治子/明治中期・後期の旧制中学教科書における学術用語─『哲学字彙』編者が執筆した専門書と教科書─

大久保恵子/英文日本語文典の用語について

─活用語・構文法に関する記述を中心に─

櫻井 豪人/『改正増補英和対訳袖珍辞書』と異なる『英仏単語篇注解』の訳語について(1)

浅川 哲也/ニコライ・レザノフ『日本語理解の手引き』にあるキリル文字で表記された日本語の特徴について

森  勇太/条件表現を由来とする勧め表現の歴史

─江戸・東京と上方・関西の対照から─

林  禔映/副詞「いっそ」の史的変遷

増井 典夫/形容詞終止連体形の副詞的用法

執筆者略歴




一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記