書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 源氏物語 虚構の婚姻

研究書(文学系) 詳細

K001

立ち読みする

源氏物語 虚構の婚姻

書名かな げんじものがたりきょこうのこんいん
著者(編者)名 青島麻子著
著者(編者)名かな あおしまあさこちょ
ISBNコード 978-4-8386-0282-7
本体価格 11,500円
税込価格 12,420円
判型 A5判上製カバー装
頁数 368頁
刊行日 2015/3/27
在庫 在庫あり
  • 目  次
       凡 例
    序論 平安朝の婚姻慣習
  •           ─「妻」を表す用語から─
          一、婚姻慣習の議論をめぐって 
          二、「妻」「妾」の語の使用法 
          三、「妻」「妾」の語の和名 
          四、妻を表す用語の定義 
  • 第一部 婚姻研究史からの展望
      第一章 婚姻居住形態と出自制
          一、居住形態を表す用語の定義 
          二、高群逸枝の母系制説とその修正 
          三、双系制の提唱と現在の水準 
          四、平安時代の居住形態の実態 
      第二章 一夫多妻の内実
          一、夫婦構成を表す用語の定義 
          二、一夫多妻制における正妻事後決定説 
          三、一夫多妻制における正妻事前決定説 
          四、一夫一妻制説 
          五、道長に見る正妻の条件 
      第三章 紫の上の妻の座
          一、紫の上の妻の座をめぐる立場 
          二、結婚経緯と社会的認知 
          三、呼称 
          四、居住場所 
          五、紫の上の境界性 
          六、婚姻開始時の紫の上 
          七、若菜巻での遡及 
          八、婚姻制度の議論を超えて 
  • 第二部 婚姻居住形態から見る物語の論理
      第一章 平安朝物語の婚姻居住形態
  •             ─『源氏物語』の「据ゑ」をめぐって─
          一、婚姻居住形態をめぐる議論 
          二、「据ゑ」の形式 
          三、結婚経緯の描かれ方の差異 
          四、同居の後を見つめる源氏物語 
      第二章 「対」の女君
  •           ─多妻の視座と「対の上」をめぐって─
          一、「対」居住と妻の座 
          二、女房的な「対」の女性 
          三、うつほ物語の宰相の上 
          四、源氏物語の「対」 
          五、結び 
      付論 『源氏物語』東西の対
  • 第三部 一夫多妻制から見る物語の論理
      第一章 宿木巻の婚姻と「ただ人」
  •           ─身分の捉え直しをめぐって─
          一、ただ人は一夫一妻か 
          二、東宮候補の皇子 
          三、匂宮の据え直しと中の君物語 
          四、女二の宮の降嫁と「ただ人」薫 
          五、結び 
      第二章 女二の宮「降嫁」
  •           ─今上帝の「婿取り」をめぐって─
          一、「降嫁」をめぐる問題 
          二、在位中の帝による降嫁 
          三、今上帝の婿取り 
          四、降嫁をめぐる薫のあり方 
          五、結び 
      第三章 蛍宮と真木柱の婚姻
  •           ─婿選びに際する発言をめぐって─
          一、式部卿宮の言 
          二、代替わり記事 
          三、光源氏の身分の捉え返し 
          四、親王の価値の捉え返し 
          五、身分と愛情の問い 
      第四章 「添臥」葵の上
  •            ─初妻重視の思考をめぐって─
          一、問題の所在 
          二、添臥の定義 
          三、光源氏の「添臥」 
          四、物語における初妻重視 
          五、結び 
  • 第四部 婚姻用語・慣習から見る物語の論理
      第一章 髭黒召人の前景化
  •           ─真木柱巻の方法をめぐって─
          一、平安朝における「召人」の用例 
          二、源氏物語正編の召人 
          三、真木柱巻の多角的視点と髭黒の召人 
          四、第二部への萌芽 
      第二章 平安時代の結婚忌月
  •           ─東屋巻の「九月」をめぐって─
          一、問題の所在 
          二、平安朝における結婚忌月 
          三、東屋巻の「九月」 
          四、結び 
          五、付表 
      第三章 平安朝物語における近親婚
           一、近親婚をめぐる議論 
          二、兄妹婚と平安朝物語 
          三、オジ・オバ婚とうつほ物語 
          四、イトコ婚と源氏物語 
          五、結び 
  • 結論 婚姻研究から見た平安朝文学史の再構築
          一、前期物語と一夫多妻 
          二、『源氏物語』成立期の時代状況 
          三、源氏物語と「後見」 
          四、源氏物語における婚姻研究の意義 
  •    あとがき
       初出一覧
       索 引

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記