書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 考えるシリーズⅡ ②知の挑発 源氏物語の方法を考える

注釈書・単行本など 詳細

源氏物語の方法を考える

立ち読みする

考えるシリーズⅡ ②知の挑発 源氏物語の方法を考える

―史実の回路
書名かな かんがえるしりーず に に ちのちょうはつげんじものがたりのほうほうをかんがえる
著者(編者)名 田坂憲二/久下裕利 編
著者(編者)名かな たさかけんじ/くげひろとし へん
ISBNコード 978-4-8386-0284-1
本体価格 10,000円
税込価格 11,000円
判型 A5判上製カバー装
頁数 416頁
刊行日 2015年5月20日
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
  目 次
田坂憲二 『源氏物語』前史 ―登場人物年齢一覧作成の可能性―
秋澤 亙  『源氏物語』の時代構造
横井 孝 桐壺帝をめぐる「風景」 ―『源氏物語』ひとつの状況として―
栗山元子 一世源氏としての光源氏の結婚 ―『河海抄』の注記から見えてくるもの―
松岡智之 女御の父の地位 ―『源氏物語』の女御観―
斎藤正昭 「輝く日の宮」巻の存否 ―欠巻Xの発表時期―
浅尾広良 少女巻の朱雀院行幸
袴田光康 六条院と蓬莱 ―庭園と漢詩をめぐって―
春日美穂 『源氏物語』朱雀帝の承香殿女御の死
辻 和良 〈新たな姫君〉としての宇治中の君
久下裕利 宇治十帖の執筆契機 ―繰り返される意図―
廣田 收 『源氏物語』の方法的特質 ―『河海抄』「准拠」を手がかりに―
上原作和 大島本『源氏物語』本文注釈学と音楽史
安田 政彦 平安時代の親王任官について
田坂 憲二 あとがき

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記