書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 英学会話書の研究

研究書(語学系) 詳細

英学会話書の研究

立ち読みする

英学会話書の研究

書名かな えいがくかいわしょのけんきゅう
著者(編者)名 常盤智子著
著者(編者)名かな ときわともこ
ISBNコード 978-4-8386-0286-5
本体価格 11,500円
税込価格 12,420円
判型 A5上製函入
頁数 330頁
刊行日 2015/6/20
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。

目次は「立ち読み」ボタンよりどうぞ!

本書の目的と構成

幕末・明治初期は政治的な時代区分の境目となっており、士農工商という身分制度の崩壊と近代国家の成立とに呼応するように、言語現象にも様々な変化や整理統合のみられる時期である。当該期の国内における言語資料としては、人情本・滑稽本・新聞・政治小説など多様なものが存在しているが、政治的な問題とも関連して、幕末と明治をつなぐ資料は断片的にならざるを得ない憾みがある。その点で、洋学資料とよばれる資料群は、これらの国内資料の偏在を補い、後述のように国内資料にはない観点を補い得る点で価値が高いとされてきた。
洋学資料の下位区分としては、蘭学資料、英学資料、仏学資料、独学資料、露学資料など、言語による区分が行われており、その中でも、英語関連の資料である英学資料は、質量ともにその中心的な資料群となっている1。例えばヘボン(James Curtis Hepburn, 1815-1911)の『和英語林集成』(Japanese and English Dictionary.)、サトウ(Ernest Mason Satow, 1843-1929)の『会話篇』(Kuaiwa Hen.)、チェンバレン(Basil Hall Chamberlain, 1850-1935)の『日本口語便覧』( A Handbook of Colloquial Japanese.)などは、当該期の日本語研究に欠かせないものとなっている。
しかし、よく知られ、よく使われる資料がある一方で、それ以外の資料については、日本語資料としての性質や活用方法はほとんど知られていないという現状があることも事実である。この状況を前向きに捉えれば、すでに近代語の先行研究の中で明らかになっている知見を援用し、それをもとに基礎的な研究を行う余地と価値が十分にあるともいえる。
本書はこれらの現状を承け、英学資料の下位区分の一つである英学会話書の研究を行い、当時の日本語の一端を明らかにすることを目的とする。第1部では、明治20年までにおける英学会話書を概観し、第2部では外国人の著作である英学会話書を中心とした個別の研究を示す。



一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記