書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 新考 源氏物語の成立

研究書(文学系) 詳細

20160226140358-0002

立ち読みする

新考 源氏物語の成立

書名かな しんこう げんじものがたりのせいりつ
著者(編者)名 西村 亨 著
著者(編者)名かな にしむらとおる ちょ
ISBNコード 978-4-8386-0292-6
本体価格 2,800円
税込価格 3,024円
判型 A5判上製カバー装
頁数 400頁
刊行日 2016/4/25
在庫 在庫あり


折口信夫の学統が生んだ新しい源氏物語像

紫式部ばかりが源氏物語の作者ではない


『知られざる源氏物語』で幅広い視野からその魅力を説き、源氏物語作者複数説の嚆矢たる『源氏物語とその作者たち』へと進化させた成立論に加え、「朝顔の宮追従に発して」「玉鬘十帖の論」「六条院の女性たち」「折口信夫の山田孝雄観」を合流させ、著者畢生の仕事を一冊に凝縮。
 折口信夫─池田彌三郎という学統を継承する著者が、折口源氏学で培われた「論理」をもって発展昇華させた源氏物語成立論を、特に未来ある研究者や、幅広い読者に伝えていきたいという強い思いで本書は成った。

  • 目次

    Ⅰ 源氏物語とその作者たち
     序の章 作者としての紫式部
     第一章 物語の不思議な構成
     第二章 巻々成立への関心
     第三章 紫の君の物語
     第四章 本格的な物語の構築
     第五章 「上」と称せられる紫の君
     第六章 紫式部の源氏物語
     第七章 朝顔の宮追従
     第八章 紫の物語の終局
     終 章 男性作者の登場
  • Ⅱ 論文三編
     朝顔の宮追従に発して
     玉鬘十帖の論
     六条院の女性たち
    Ⅲ 知られざる源氏物語
     第一章 不幸な大作、源氏物語
     第二章 源氏物語は何を書いた物語か
     第三章 物語の理想としての「いろごのみ」
     第四章 あまたある源氏の物語
     第五章 源氏物語はこのようにして作られた(一)
     第六章 源氏物語はこのようにして作られた(二)
     結 語 知られざる大作、源氏物語
  • 付 折口信夫の山田孝雄観
     折口信夫の山田孝雄観
       あとがき
       内容細目……伊藤好英
       プロフィール
       著書・新著書一覧
       写真



一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記