書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代語研究 第十九集

研究書(語学系) 詳細

20160930

立ち読みする

近代語研究 第十九集

書名かな きんだいごけんきゅうだいじゅうきゅうしゅう
著者(編者)名 近代語学会編
著者(編者)名かな きんだいごがっかいへん
ISBNコード 978-4-8386-0297-1
本体価格 18,000円
税込価格 19,440円
判型 A5上製函入
頁数 700頁
刊行日 2016/9/30
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。


   目  次

坂詰 力治/応永本『論語抄』のことば

山田  潔/抄物における「だに」「だにも」「さへ」の用法

肥爪 周二/「ひいやり」「ふうわり」から

「ひんやり」「ふんわり」へ-撥音史からの検討-

池上  尚/狂言台本における「気味」とその類義表現

小林 千草/成城〈曲章三番〉狂言本の性格と用語-「悪太郎」「鈍太郎」「花折新発知」「腰祈」「梟」を通して-

米田 達郎/江戸時代中後期狂言詞章における終助詞ナアについて-鷺流狂言保教本を中心に-

佐藤 貴裕/『真草二行節用集』における研究課題
-異版調査経過報告-

田和真紀子/近世前期上方語における高程度を表す副詞の諸相と体系-「発見的な程度副詞」の台頭-

鈴木丹士郎/「どういう風の吹き回し」成立までの表現形式の諸相

長崎 靖子/『浮世風呂』三編序文の変更に関して 
-吾山から半二へ-

大久保恵子/夫婦の諍いから見た路女日記 

神戸 和昭/オレかオイラか、それが問題だ-近世後期における江戸直参の自称の体系についての覚え書き-

小松 寿雄/江戸語・明治東京語の父母の称 

松井 利彦/近代漢語の初期使用の検証
-初出漢語とその機能-

手島 邦夫/『英和字彙』における振り仮名の変遷と

漢語の定着 

園田 博文/『官話指南総訳』(明治三八年刊)の日本語-当為表現・ワア行五段動詞連用形の音便・人称代名詞を手がかりに-

今野 真二/「本文」の書き換え

-北原白秋『邪宗門』の場合-

田島  優/困惑(自己)から同情・配慮(他者)へ

-感謝表現の発想法の変化-

鏡味 明克/電車停留所名の形成と変化 

新野 直哉/“世間ずれ” の「誤用」について

橋本 行洋/「活動」を「活」とする略語の史的考察
-「特活」「学活」「部活」から「就活」へ、そして「婚活」およびその派生語へ-

田中 章夫/東京語の昭和期 

小島 聡子/近代の東北地方出身者の文体の統計的分析
-宮沢賢治・浜田広介・佐々木喜善について-

玉村 禎郎/外来語系形容動詞の名詞化 
-接尾辞「-さ」の下接化の諸因子-

真田 治子/Jevons著『Elementary lessons in logic』と
『哲学字彙』の見出し語 

近藤明日子/『明六雑誌』の一人称代名詞の分析 
-文語記事地の文の用例を中心に-

常盤 智子/ブラウン著Colloquial Japanese.とその底本 

櫻井 豪人/『改正増補英和対訳袖珍辞書』と異なる
『英仏単語篇注解』の訳語について(2) 

伊藤 博美/「お/ご~いたす」と「お/ご~申す」 
-聞手意識と受影性配慮-

浅川 哲也/ニコライ・レザノフ『露日辞書』にある
キリル文字で表記された日本語の特徴について 

村上  謙/近世上方語研究における研究手法について 
-用例収集と分析・解釈-

市村 太郎/洒落本における「いっそ」と「いっこう」 

林  禔映/副詞「どうせ」「どうで」の否定的評価の形成 
-類似表現を例にして-

執筆者略歴





一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記