書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 堤中納言物語の真相

注釈書・単行本など 詳細

立ち読みする

堤中納言物語の真相

書名かな つつみちゅうなごんものがたりのしんそう
著者(編者)名 後藤康文 著
著者(編者)名かな ごとうやすふみ
ISBNコード 978-4-8386-0471-5
本体価格 3,000円
税込価格 3,240円
判型 四六判上製カバー装
頁数 248頁
刊行日 2017/04/30
在庫 在庫あり

今ある本文、今ある注釈を鵜呑みにしてはならない。

本文批判の徹底と厳密な本文解釈にこだわり、

従来の漫然たる読みを洗い直す。

書名そのものをめぐる独自の仮説も収録。

凡例

まえがき

1 『このついで』試論─第二話の読解を手がかりとして─

2 『このついで』篇名由来考

3 観音霊験譚としての『貝あはせ』

       ─観音の化身、そして亡き母となった男─

4 『ほどほどの懸想』試論─頭中将は後悔したか─

5 幻惑装置としての現存本文─『逢坂越えぬ権中納言』復元─

6 『思はぬ方にとまりする少将』ところどころ

7 『はなだの女御』の〈跋文〉を考える

       ─『堤中納言物語』の本文批判と解釈─

8 『堤中納言物語』書名試論

初出一覧

関連論文一覧

あとがき





一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記