書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 原典でたどる仏教哲学入門 Ⅰ 釈迦の教え

注釈書・単行本など 詳細

釈迦の教え書影

立ち読みする

原典でたどる仏教哲学入門 Ⅰ 釈迦の教え

書名かな げんてんでたどるぶっきょうてつがくにゅうもんいち しゃかのおしえ
原典でたどる仏教哲学入門 Ⅰ 釈迦の教え
著者(編者)名 三上 満 著
著者(編者)名かな みかみみつる
ISBNコード 978-4-8386-0470-8
本体価格 2,300円
税込価格 2,484円
判型 A5判並製カバー装
頁数 400頁
刊行日 2017/03/30
在庫 在庫あり

釈迦の深遠な思想を、誰にでもわかりやすく理解してもらえるよう、さまざまな工夫がなされている。「我」を巡る問題に焦点を据え、覚りの内実をその独自の修習法と関連付けて有機的に説き明かすことによって、単なる知識の習得だけでなく、読者の理解を「腑に落ちる」次元へと誘う一書である。

  • * 仏教専門用語は必ず現代語に直すか解説を伴って使用した
    * 経文などの仏典は原則として現代語で紹介した
    * 論拠となる原典(経文)を洩れなくあげ、読者の判断に供するとともに、原始経典そのものへの理解を促すものとした
    * 知識的なものは頁を改めてまとめて論じた
    * 釈迦の生涯を別立てで手短に紹介し、その人となりの理解に供した

第一章 自己、欲望、無我 欲望と自己・無我と無我説・最初期経典の非我説・五蘊非我説・五蘊と無我説
第二章 無常と無我 アートマンとブラフマン・無常・五蘊無常と無我説
第三章 縁起と覚り 縁起の理法・十二支縁起(説)・最初期経典と縁起説・アーガマ経典と十二支縁起説・覚りと縁起・名色の内実・名色と言語学
第四章 縁起と空 相互依拠性と縁起・龍樹と『中論』偈・説一切有部と縁起(説)の変貌・龍樹と縁起・龍樹と空・縁起と縁起説
第五章 覚り、解脱、涅槃、止観 覚りの境地・釈迦の達成・二つの解脱・止観行(業)・涅槃への瞑想─観察(ヴィパッサナー)瞑想・二つの涅槃(ニルヴァーナ)
第六章 四諦(四つの真理)、無記、中道、慈悲 縁起説と四諦説・相応部経典と四諦説・教説の場と四諦説・八正道・無記・無記という姿勢の所以・中道・慈悲
釈迦生涯の出来事
生涯 Ⅰ 誕生から苦行訣別まで
生涯 Ⅱ  降魔成道からコーサラ国での布教まで
生涯 Ⅲ  デーヴァダッタの離反から入滅まで

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記