書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 更級日記と東国の風景

注釈書・単行本など 詳細

更級日記と東国の風景

立ち読みする

更級日記と東国の風景

書名かな さらしなにっきととうごくのふうけい
著者(編者)名 元吉 進 著
著者(編者)名かな もとよしすすむ
ISBNコード 978-4-8386-0480-7
本体価格 3,000円
税込価格 3,240円
判型 四六判上製カバー装
頁数 272頁
刊行日 2018年9月25日
在庫 在庫あり


 作者孝標女が見た東国の風景とは


 『更級日記』に書かれたすべての記事は、少女期から晩年までの四十余年に亘る、作者菅原孝標女にとってかけがえのない思い出の数々である。

 とりわけ多感な少女時代の三年あまりを過ごした上総国は、作品にどのような影響を与えているのだろうか。

 作者と東国とを結びつける歴史的かつ現実的な背景を、作者が見たであろう「東国の風景」をキーワードとして、さまざまな角度から考察する。









【目次】

 Ⅰ  東国の風景論

1『更級日記』上京の記の表現について

2『更級日記』の薬師仏をめぐって─「木への視線」について─


3『更級日記』「木ぞ三つ立てる」再考

4『更級日記』の「ちちぶの山」について─父と娘の東国─

5『更級日記』と上総国笠森観音

6『更級日記』と夕顔の花─夕顔憧憬の背景を探る─

7『更級日記』の橋の記述をめぐって─断橋の風景─

8『更級日記』における舟の記述をめぐって


 Ⅱ 息長氏をめぐって

9『更級日記』の風の表現─「おきながといふ人」をめぐって─

10『更級日記』の「おきながといふ人」をめぐって─孝標女の父祖意識─

あとがき

初出一覧





一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記