書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 教材 > 日本文学概論ノート 古典編』

教材 詳細

9784838606535

日本文学概論ノート 古典編

書名かな にほんぶんがくがいろんのーと こてんへん
著者(編者)名 原 豊二 著
著者(編者)名かな はら とよじ
ISBNコード 978-4-8386-0653-5
本体価格 1,400円
税込価格 1,512円
判型 A5判並製
頁数 82頁
刊行日 2018年10月20日
在庫 在庫あり
※50冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
文学の根本を学ぶ
 この本は大学で講義をした内容を基にし、
「日本文学概論」「日本文学」「文学」などの大学の授業用の教材として執筆されています。
 内容は半期向けの十五回構成になっています。
第1回目を除き、日本文学の形態(第2回~第4回)、日本文学の理念(第5回~第10回)、日本文学の研究(第11回~第13回)、日本文学の課題(第14回~第15回)といったグループに分けられています。
 「韻文」「散文」「あはれ」「をかし」「ますらをぶり」「わび」「さび」「幽玄」といった言葉から、当時はどんなことを考え、うったえ、伝えたかったのかを学び、これを根っこにして、日本文学研究はどんなことをしていくのかということを学んでいきます。

 はじめに    
第1回  日本文学の源流と領域
第2回  日本文学の形態 [1]韻文
第3回  日本文学の形態 [2]散文
       コラム①七絃琴のこと 源氏物語を起点として
第4回  日本文学の形態 [3]その他
      レッスン①
第5回  日本文学の理念 [1]ますらをぶり、たわやめぶり
第6回  日本文学の理念 [2]あはれ、をかし、つれづれ
第7回  日本文学の理念 [3]無常、幽玄
第8回  日本文学の理念 [4]妖艶、有心
第9回  日本文学の理念 [5]風雅、わび、さび
第10回 日本文学の理念 [6]滑稽、粋、通、意気
      レッスン②
第11回 日本文学の研究 [1]古典文学研究史、作家論とテクスト論
      レッスン③
第12回 日本文学の研究 [2]書誌学、文献学
第13回 日本文学の研究 [3]その他
       コラム②致富長者譚を超えて 竹取物語再読
第14回 日本文学の課題 [1]現代社会と古典文学、戦争と文学、環境と文学
第15回 日本文学の課題 [2]地域と文学、日本文学の国際化、女性と文学
       コラム③宇治を旅する 地域の中の古典文学
 おわりに

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記