書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 新刊 > 仮名文テクストとしての伊勢物語

研究書(文学系) 詳細

9784838607150

立ち読みする

仮名文テクストとしての伊勢物語

書名かな かなぶんてくすととしてのいせものがたり
著者(編者)名 近藤 さやか 著
著者(編者)名かな こんどうさやか
ISBNコード 978-4-8386-0715-0
本体価格 8,500円
税込価格 9,180円
判型 A5判上製カバー装
頁数 250頁
刊行日 2018年12月10日
在庫 在庫あり
仮名の可能性と〈音〉への関心

 仮名は文字それ自体に意味が孕まれている漢字と異なって、〈音〉しか表現しない。仮名によって、和歌は一つの言葉で同じ〈音〉を持つ別の言葉を掛け合わせ、一文字ずつ隠し詠み込むような技法が可能になった。仮名で書かれること、つまり、〈音〉を表記することによって、音声それ自体よりも言葉の多義性が表現できるようになった。こうした仮名の可能性を和歌という韻文のみならず、散文においても試している作品が『伊勢物語』ではないだろうか。
 本書では『伊勢物語』の仮名に注目した意識と表現を考察し、有名章段─二条の后章段・東下り章段・斎宮章段・惟喬親王章段─だけではなく、これらの章段を中心に作品全体を通して読解できることを論じた。『伊勢物語』は和歌と仮名の可能性を広げた作品だという、文学史上の位置付けを示すことができれば幸いである。 (「まえがき」より抜粋)

まえがき 仮名の可能性と〈音〉への関心
凡 例
  第一部
第一章 第九段「みやことり」
 はじめに
 一 東下りの理由
 二 東下りの旅程
 三 「みやこどり」の正体
 四 「名に負ふ」ということ
 おわりに
第二章 第十三段「むさしあふみ」
 はじめに
 一 東下りの核・第九段
 二 東下りの先の東国
 三 京なる女
 おわりに
第三章 第二十三段「けこ」
 はじめに
 一 「笥子」説
 二 「家子」説
 三 『大和物語』の場合
 四 第二十三段の和歌
 おわりに
第四章 伊勢物語の「音楽」
 はじめに
 一 『伊勢物語』に描かれる音楽・楽器
 二 描かれない楽器「琴」第二十三段の場合
 三 聴覚効果としての和歌
 四 『源氏物語』に描かれた楽器「琴」第四十九段の場合
 五 『うつほ物語』における和歌と音楽
 おわりに
第五章   第四十五段「蛍」
 はじめに
 一 「蛍」の表象
 二 「雁」の表象
 三 二首並列の和歌
 四 影響関係
 五 「ひぐらし」の存在
 おわりに

  第二部
第六章 惟喬親王と紀有常「友」と「供」
 はじめに
 一 紀有常と「ともだち」第十六段・第三十八段における関係
 二 惟喬親王と紀有常と「男」第八十二段における関係
 三 「狩り」と「やまと歌」
 四 「友」と「供」
 五 男性間における「友」
 六 政治的関係に対する精神的関係「とも」
 おわりに
第七章 崇子と多賀幾子二人の「たかいこ」
 はじめに
 一 崇子内親王
 二 女御多賀幾子
 三 同音の名前
 四 第三十九段たかい子登場前後
 五 第七十七・七十八段多賀幾子登場前後
 六 「たかいこ」の死
 おわりに
第八章 『伊勢物語』の短章段
 はじめに
 一 短章段のグループ
     短章段表 凡例
     短章段表
 二 「色好みなる女」「色好みなりける女」
 三 「つれなき人」
 四 斎宮章段の構成
 五 「色好みなる女」「つれなき人」、二条の后と斎宮
 おわりに
補論 『伊勢物語』と業平伝説
 はじめに
 一 業平伝説研究の現在〈東下り〉関係
 二 業平伝説研究の現在高安関係
 三 愛知県知立市における業平伝説
 おわりに

初出一覧
あとがき


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記