書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代日本語の当為表現

研究書(語学系) 詳細

9.78484E+12

立ち読みする

近代日本語の当為表現

書名かな きんだいにほんごのとういひょうげん
著者(編者)名 湯浅彩央 著
著者(編者)名かな ゆあささお ちょ
ISBNコード 978-4-8386-0716-7
本体価格 8,800円
税込価格 9,680円
判型 A5判上製カバー装
頁数 230頁
刊行日 2019年3月5日
在庫 在庫あり

※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい
本書は、対象とする時代を近世以降に絞り、否定助辞の条件表現、禁止表現との比較・対照を行い、
先行研究では解明されなかった点に迫ろうとするものである。

目次

序章 研究の視点と方法
   第一節 研究の立場と範囲
   第二節 考察の手順
   第三節 研究史

第一章 江戸語における否定表現・当為表現のヌ系から
    ナイ系の変遷について
      ――話者と聞き手の社会的関係・親疎関係――
   はじめに
   第一節 変遷の様子
      一 否定表現
      二 当為表現
   第二節 場面・人間関係による使用状況
      一 段階の設定
      二 場面別による否定表現の様子
      三 場面別による当為表現の様子
   本章のまとめ

第二章 関東地方における当為表現
   はじめに
   第一節 前項部の様子(ナケレバ・ナクテハを中心に)
      一 江戸語・東京語資料の調査結果
      二 言語地図の模様
        一 大橋地図
        二 GAJ
   第二節 後項部の様子(ナラナイ・イケナイを中心に)
      一 江戸語・東京語資料の調査結果
      二 言語地図の模様
        一 大橋地図
        二 GAJ
   本章のまとめ

第三章 近世以降の東西方言における禁止表現の史的研究
      ─当為表現との関わりから─
   はじめに
   第一節 調査資料
   第二節 GAJの様子
   第三節 文献資料の様子
      一 上方語・関西語
      二 江戸語・東京語
   第四節 当為表現との比較
      一 上方語・関西語
      二 江戸語・東京語
   本章のまとめ

第四章 近世期尾張地方における当為表現
   はじめに
   第一節 調査資料
   第二節 当為表現の様子
      一 洒落本の場合
      二 雑俳の場合
   第三節      禁止表現の様子
   第四節      GAJとの比較
   本章のまとめ

第五章 近世期尾張方言資料における当為表現・禁止表現
   はじめに
   第一節 先行研究
   第二節 ナラン・イカン・アカンの様子
      一 ナラン系
      二 ナラナイ系
      三 イカン系
      四 イケナイ系
      五 アカン系

   第三節 当為表現・禁止表現の比較――言語地図との対照
      一 後頂部
      二 前頂部
        一 当為表現
        二 禁止表現
   本章のまとめ

第六章 
国語教科書における当為表現の変化
     ――明治から昭和二〇年代にかけて――
   はじめに
   第一節 近世後期から明治・大正にかけての様子
      一 江戸語・東京語の場合
      二 関西語の様子第二節 国定国語教科書以前の
        小学読本の様子
   第三節 国定国語教科書の様子
   第四節 否定助辞の様子
   本章のまとめ

第七章 
当為表現の全国分布とその解釈
   はじめに
   第一節 GAJの分布とその解釈
      一 当為表現(前頂部)の様子
      二 恒常仮定の様子
      三 当為表現(後頂部)の様子
      四 禁止表現の様子
   第二節 NLJ
      一 当為表現の様子
      二 禁止表現の様子
   第三節 両図の比較・対照
      一 仮定条件(前頂部)の分布模様
      二 仮定条件(後頂部)の分布模様
      本章のまとめ

終章 近代日本語研究における中央語と方言

 おわりに
  参考文献
  索引

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記