書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 実践女子大学蔵 梶井基次郎 「檸檬」 を含む草稿群─瀬山の話─

注釈書・単行本など 詳細

9.78E+12

立ち読みする

実践女子大学蔵 梶井基次郎「檸檬」を含む草稿群

─瀬山の話─
武蔵野書院創業百周年記念出版
書名かな じっせんじょしだいがくぞう
かじいもとじろう れもんをふくむそうこうぐん ―せやまのはなし―
むさしのしょいんそうぎょうひゃくしゅうねんきねんしゅっぱん
著者(編者)名 河野龍也 編
著者(編者)名かな こうのたつや
ISBNコード 978-4-8386-0485-2
本体価格 10,000円
税込価格 11,000円
判型 A5判上製カバー装
頁数 348頁
刊行日 2019年11月13日
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終壓へつけてゐた。焦燥と云はうか、嫌惡と云はうか――

梶井研究史を塗り替える可能性を秘めた幻の草稿群。制作過程の梶井の息づかいや、親友淀野隆三による「瀬山の話」編集時の指定が克明に残されている。梶井の代表作「檸檬」の原型を含むこの第一級資料を、全編オールカラーで影印収録。また周到な翻刻と解説二題を得て、武蔵野書院創業百周年記念として公刊する!
内容

はじめに……栗原 敦
影印篇
檸檬 武蔵野書院版 影印
翻刻篇……河野龍也
    記号凡例
「檸檬」を含む草稿群について……棚田輝嘉
「檸檬」の忘れ物─その秘められた起爆力……河野龍也
参考資料

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記