書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代語研究 第十七集

研究書(語学系) 詳細

1046_163x226[1]

立ち読みする

近代語研究 第十七集

書名かな きんだいごけんきゅうだいじゅうななしゅう
著者(編者)名 近代語学会編
著者(編者)名かな きんだいごがっかいへん
ISBNコード 978-4-8386-0267-4
本体価格 16,000円
税込価格 17,280円
判型 A5上製函入
頁数 550頁
刊行日 2013/10/20
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。

    目  次

「堪能(たんのう)」の語史─「足んぬ」の体言化をめぐって─/坂詰 力治

『玉塵抄』における「ばかり」の用法/山田  潔

成城大学図書館蔵 狂言「骨皮」「墨塗」の性格と表現/小林 千草

狂言台本の「アマリ(ニ)」─大蔵虎明本を中心に─/田和真紀子

大蔵流狂言虎明本の要求・依頼の表現について─(サ)シメを中心に─/米田 達郎

近世節用集史の俯瞰のために─研究序説─/佐藤 貴裕

貞享期西鶴本の仮名遣い─『諸艶大鑑』と『好色一代女』の場合─/久保田 篤

「神ならば」─条件の提示─/岩下 裕一

「江戸ことば」の地誌─下町ことばと山の手ことば─/土屋 信一

近世後期江戸語における逆接表現旧形式「ド」「ドモ」について/宮内佐夜香

漢籍国字解『唐詩選国字解』とその異本─服部南郭は『唐詩選国字解』の講述者ではない─/浅川 哲也

滝沢家日記の自称詞/大久保恵子

「おもぶせ(面伏)」という語/鈴木丹士郎

『式亭雑記』諸本に関して─八種の抄録写本の調査から─/長崎 靖子

『吾輩は猫である』における係助詞「は」の融合転化/小松 寿雄

鉄道線名の形成と変化/鏡味 明克

語源の型に関する一考察─『新明解語源辞典』『暮らしのことば新語源辞典』の植物語彙四一五項目を手掛かりに─/園田 博文

富田源太郎著『英和婦人用会話』にみられる助動詞「ウ」+終助詞「ワ」について/常盤 智子

中国へ伝播した二十世紀初頭の日本の哲学用語─『哲学大辞書』と中国の宣教師が編纂した術語集の比較─真田 治子

近代総合雑誌記事に出現する一人称代名詞の分析─単語情報付き『太陽コーパス』を用いて─/近藤明日子

東京語の明治時代/田中 章夫

ジャからヤへ─明治大正期関西弁指定表現体系における「標準語化」の影響─村上  謙

尊敬表現形式「お(ご)~になる」系の使用─江戸末期から明治20年代まで─/山田 里奈

「お/ご~申す」と「お/ご~する」─働きかけのあり方とその消長─/伊藤 博美

『和蘭字彙』に見られない『英和対訳袖珍辞書』初版の訳語─その1:Medhurst英華字典の訳語をそのまま用いている訳語─/櫻井 豪人

心学道話における口語要素について─文末文節の構成比較による試み─山口  豊

条件表現史における近世中期上方語ナレバの位置づけ/矢島 正浩

執筆者略歴


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 古典影印叢書
  • 話題の本(おすすめ)
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記