書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 新刊 > 日本古典文学は、如何にして〈古典〉たりうるか?

注釈書・単行本など 詳細

書影

立ち読みする

日本古典文学は、如何にして〈古典〉たりうるか?

―リベラル・アーツの可能性に向けて―
書名かな にほんこてんぶんがくはいかにしてこてんたりうるか?―りべらる・あーつのかのうせいにむけて―
著者(編者)名 深沢 徹 著
著者(編者)名かな ふかざわとおる
ISBNコード 978-4-8386-0493-7
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 四六判並製カバー装
頁数 276頁
刊行日 2021年4月23日
在庫 在庫あり
「古典」とは何かについての根源的な問いかけ
「古典」は「古典」として既にあるのではない。それを「古典」として維持し、継承していく人びとの、たゆみない努力なくして「古典」は「古典」たりえない。この自明の事柄を、いわゆる〈リベラル・アーツ〉の営みとの関連で明らかにしていきたい。

【プロロゴス】 はじめに(本書の概要)
【パロドス】  注釈、翻訳、犯し、あるいはリベラル・アー
          ツとしての〈もどき〉の諸相


  源氏物語の方へ
【第一エペイソディオン】 格子からの逃走─道長VS式部
【第一スタシモン】 忌まわしき〈嵯峨〉のトポス
    ─『源氏物語』の作者紫式部にみる、ひそやかな反逆


  日記文学の方へ
【第二エペイソディオン】 『更級日記』末尾の一節
    ─〈他者〉のことばで、作品が終わっていいのか?
【第二スタシモン】 狂言綺語へのあらがい
    ─『更級日記』から『源氏一品経表白』をへて
           『無名草子』へ

  歴史物語の方へ

【第三エペイソディオン】 慈円『愚管抄』解題
【第三スタシモン】 喰ってかかる『愚管抄』
    ─ゆらぐ歴史叙述と、そのなかでの『今鏡』の位置

  王権論の方へ
【第四エペイソディオン】 グローバル資本主義のもとに
    生きる〈縁〉なき衆生は、
いかなるフェティッシュ
    を夢見るか?
【第四スタシモン】 頼朝の二つの顔
    ─『貞永式目』から読む『曽我物語』
【エクソドス】 吃音とエクリチュール

  初出一覧
  主要人名索引 


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記