書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代語研究 第八集

研究書(語学系) 詳細

KG114

立ち読みする

近代語研究 第八集

〈吉田澄夫博士追悼論文集〉
書名かな きんだいごけんきゅう だいはっしゅう
〈よしだすみおはかせういとうろんぶんしゅう〉
著者(編者)名 近代語学会 編
著者(編者)名かな きんだいごがっかい
ISBNコード 978-4-8386-0113-4
本体価格 15,000円
税込価格 16,500円
判型 A5判上製函入
頁数 508頁
刊行日 1990年9月20日
在庫 残部僅少
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
柳田征司/近代語の進行態・既然態表現
櫻井光昭/『宇治拾遺物語』(流布本)のよみ
坂詰力治/室町時代における「こそ」の係り結び
小林賢次/言語資料としての天理本『狂言六義』
 ─ゴザアル・ゴザル、マラスル・マスル、サラバ、ソレナラバの分布から─
小林千草/抄物における「何ノ用ゾ」
阿部八郎/近松世話浄瑠璃の心話文
鈴木 丹士郎/近世に見られる形容詞の一類
杉本 つとむ/『誹諧通言』寸見
大橋紀子/近世における訓の関係─すい・いき・つう・しやれの場合─
矢野 準/一九の文字生活─蔦屋板黄表紙五種の仮名表記の実態を中心に─
斯林 不二彦/式亭三馬の文体─基調としての語句─
宇野義方/永代節用無尽蔵について
森岡健二/共通語とその変容─思考と表現の観点から─
細川英雄/感情形容詞の連用修飾用法について
天沼 寧/「始発」:「終発」
鏡味明克/地名の近代語
吉町義雄/日馬語のシンドロム
松村 明明治初年の洋学会話書における助動詞「です」とその用法
金田 弘/鶴橋俊宏/咄本『珍話楽牽頭』語彙索引

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記