書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 近代語研究 第十一集

研究書(語学系) 詳細

KG117

立ち読みする

近代語研究 第十一集

〈松村明先生追悼論文集〉
書名かな きんだいごけんきゅう だいじゅういっしゅう
〈まつむらあきらせんせいついとうろんぶんしゅう〉
著者(編者)名 近代語学会 編
著者(編者)名かな きんだいごがっかい
ISBNコード 978-4-8386-0205-6
本体価格 18,000円
税込価格 19,800円
判型 A5判上製函入
頁数 650頁
刊行日 2002年12月15日
在庫 残部僅少
山口明穂/松村明先生年譜
坂詰力治/抄物に見える「サテ」(不可)について
     ─「カナ(叶・適)ハヌ」との比較を通して─
小林賢次/イソガシ・セハシ・アワタタシとその類語
     ─中世・近世における〈多忙〉〈性急〉を表す語の展開─
柳田征司/和語の撥音と漢語の撥音─『天草版伊曽保物語』の場合─
阿部八郎/国字本伊曽保物語の心話文
小林千草国語史的注釈試論『大かうさまぐんき』〈会津御動座御知行割〉
佐藤貴裕/近世節用集の価格
神戸和昭/『夢酔独言』における合拗音
小松寿雄/明和~天保期江戸語における男性の係助詞ハの融合
鈴木丹士郎/曲亭馬琴の読本の口語語彙
斎藤文俊/江戸・明治期における可能を表す訓読形式の変遷
      ─「得」と「(不)能」─
中野伸彦/「塵一つ落ちていない」のような言い方について
鈴木 博「存在、不存在」を意味する「ゐる」「ゐず」について
杉本 つとむ/〈ローマ字〉を歴史の眼でみる─危機に立つ日本語─
古田東朔『訳和蘭文語』から『小学日本文典』、『日本文典』
鈴木英夫/「死ぬ」と「死す」─和訳聖書に関連して─
松井利彦/明治時代における漢訳語の影響
土屋信一/てよだわ言葉小考─尾崎紅葉の観察から─
進藤咲子/矢野文雄の文章と文章観─明治二三年以降の軌跡─
鏡味明克/北海道のアイヌ語地名に当てられた漢字
寺島浩子/京都町屋の性向語彙序説
山口幸洋/「伊吹島」アクセントの背景
      ─社会言語学的事情と比較言語学的理論─
森田良行/「ている・てある」受身文の諸相
南 不二男/談話の性格と人称制限
金水 敏/存在表現の構造と意味
杉山妙子/テレビドラマ名の特徴と変化
     ─過去35年間における用字法とタイトル型から─
中村 明/虚実皮膜の笑いの系譜
     ─井伏鱒二初期作品の「うやむや表現」の諸相─
宇野義方/語感をめぐって
森岡健二/現代日本語の漢字
山口 豊/人間一心覗替操総索引
宮島達夫『日本国語大辞典』(第二版)における初出文献の改訂
田中章夫/「近代語における否定条件句」

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記