書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 中村秋香『秋香集 長歌』翻刻と解題

注釈書・単行本など 詳細

img-912172122-0001

立ち読みする

中村秋香『秋香集 長歌』翻刻と解題

書名かな なかむらあきか「あきかしゅう ちょうか」ほんこくとかいだい
著者(編者)名 鈴木 亮 編
著者(編者)名かな すずき りょう
ISBNコード 978-4-8386-0438-8
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 A5上製カバー装
頁数 115頁
刊行日 2012年9月12日
在庫 残部僅少
 成蹊学園創立者、中村春二の父で、明治時代に歌人・国文学者として活躍した中村秋香。
 秋香は『落窪物語大成』を著した国文学者、宮内省歌所寄人をつとめた歌人としてわずかに知られるが、文学的には明治の新体詩人(新体歌人)としての活躍が注目される人物でもある。
日本に於ける近代詩は明治15年に出版された『新体詩抄』に刺戟されて和歌(長歌と短歌)の改良運動が始まったとされる。
そうした改良体の長歌を「新体歌」と名づけて推進しようとしたのが中村秋香にほかならなかった。
本書には明治の時代精神とでもいうべきものが濃厚に匂い立っている。
一言でいえば、国家主義(ナショナリズム)と道徳主義(モラリズム)の鼓吹である。
こうした要素を近代詩の出発点の中に正当に位置付けるのは、実は必ずしも容易なことではない。
しかし、それらが近代詩の出発点における重要なテーマであったことを無視しては、日本近代詩の姿を正しく把握することはできないであろう。(本書「序・揖斐高」より抜粋)
  目 次
 序
秋香集 長歌
  書誌
  凡例
  目次
  翻刻

附篇 新体詩の組織形式
  書誌
  凡例
  翻刻

解題  

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記