書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 考えるシリーズ ①王朝女流日記を考える

注釈書・単行本など 詳細

C84

立ち読みする

考えるシリーズ① 王朝女流日記を考える

―追憶の風景
書名かな かんがえるしりーずいち おうちょうじょりゅうにっきをかんがえる ―ついおくのふうけい
著者(編者)名 福家俊幸/久下裕利 編
著者(編者)名かな ふくやとしゆき/くげひろとし
ISBNコード 978-4-8386-0424-1
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 四六判上製カバー装
頁数 244頁
刊行日 2011年1月30日
在庫 有り
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。
  目 次

髙野晴代 『蜻蛉日記』女から贈る歌
      ─『源氏物語』への階梯─
川村裕子 『蜻蛉日記』下巻における養女迎えの時期について

松原一義
 道綱母と「高光日記絵巻」(扇流)
      ─「高光日記」が望見できる資料は、『重之子僧集』か─
久保木寿子 追懐の方法 ─『和泉式部日記』の場合─

秋澤 亙
 『和泉式部日記』における和歌贈答の挫折

小山清文
 〈演出〉される源氏物語・〈再生〉する源氏物語
      ─紫式部日記の中の〈源氏物語〉─
福家俊幸 『紫式部日記』に記された縁談
      ─『源氏物語』への回路─
横井 孝 『更級日記』孝標をめぐる風景
      ─その大いなる「凡庸」について─
久下裕利 迷走する孝標女 ─石山詣から初瀬詣へ─

福家俊幸
 あとがき

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記