書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) >  源氏学の巨匠たち

研究書(文学系) 詳細

源氏学書影

立ち読みする

源氏学の巨匠たち

列伝体研究史 紫式部学会創立80周年記念出版
書名かな げんじがくのきょしょうたち
れつでんたいけんきゅうし むらさきしきぶがっかいそうりつはちじゅっしゅうねんきねんしゅっぱん
著者(編者)名 紫式部学会 編
著者(編者)名かな むらさきしきぶがっかい
ISBNコード 978-4-8386-0441-8
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 四六判上製カバー装
頁数 328頁
刊行日 2012年12月1日
在庫 在庫あり

12名の碩学列伝による源氏物語研究史


近代の源氏物語研究史に炳乎たる存在として知られた先学諸氏それぞれの独特の学風と人格に光を宛てる執筆者諸氏の作業から、読者は源氏物語に限らず古典の世界といかに対面すべきかを教えられるに違いない。本書が読者諸賢によって十分に利用されることを切望するものである。    
紫式部学会会長 秋山 虔

序 紫式部学会会長 秋山 虔

島津久基 ―『源氏物語』攻略のために命燃え尽きた鬼才―
                         秋山 虔

折口信夫 ─日本の小説の持つべき主題─長谷川政春

池田亀鑑 ─源氏図書館構想─柳井 滋

風巻景次郎 ─源氏物語』と正対への工程─秋山 虔

山脇 毅 ―篤実の人・実証の源氏学―増田繁夫 

武田宗俊 ─源氏物語成立過程論─宮川葉子

岡 一男 ─語り継ぎ、言ひ継ぎ行かむ─井上英明

山岸徳平 ─博覧強記の人─久保木哲夫

玉上琢彌 ─源氏物語の本義本性の顕現─森 一郎

松尾 聰 ─デモンと論理―永井和子
       ***
     ―松尾聰先生の古典遊び―永井和子
       ***
阿部秋生 ─『源氏物語』研究─鈴木日出男

清水好子 ─作者の息づかいに迫った読み込み─後藤祥子

略縁起─柳井先生からの賜り物─紫式部学会事務局高田信敬

初出一覧

人名索引

執筆者一覧

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記