書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 古代文学論叢 第十九輯  源氏物語の環境 研究と資料

研究書(文学系) 詳細

古代文学論叢第十八輯

立ち読みする

古代文学論叢 第十九輯  源氏物語の環境 研究と資料

書名かな こだいぶんがくろんそうだいじゅうきゅうしゅう げんじものがたりのかんきょう けんきゅうとしりょう
著者(編者)名 紫式部学会 編
著者(編者)名かな むらさきしきぶがっかい
ISBNコード 978-4-8386-0255-1
本体価格 13,000円
税込価格 14,300円
判型 A5判上製函入
頁数 360頁頁
刊行日 2011年12月20日
在庫 残部僅少
日向一雅/平安文学の自然表現をめぐって
      ―『古今集』『枕草子』『源氏物語』の政教的
        文学観と「陰陽の燮理」を媒介として―
中 哲裕/源氏物語と浄土の思想
     ―紫の上供養の極楽の曼荼羅をめぐって―
松岡智之/須磨の環境表象
平沢竜介/北山と大堰
      ―紫の上と明石の君の登場―
木村茂光/王朝文学にみられる「田舎」について
武田早苗/『源氏物語』の「田舎」と女君たち
       ―明石君・玉鬘・浮舟を取り巻く環境という視点から―
後藤祥子/蜻蛉日記の中川転居
      ―「人にものして」考―
鈴木 日出男/〈いろごのみ〉の歌
       ―光源氏と朧月夜―
中川正美/ことばに現れた環境
      ―源氏物語の「浮く」「浮かぶ」―
池田尚隆/『栄花物語』の環境
高田信敬/林下集標注 解題 翻字

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記