書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 紫式部日記の作品世界と表現

研究書(文学系) 詳細

紫式部日記の作品世界と表現

立ち読みする

紫式部日記の作品世界と表現

書名かな むらさきしきぶにっきのさくひんせかいとひょうげん
著者(編者)名 村井幹子 著
著者(編者)名かな むらいみきこ
ISBNコード 978-4-8386-0268-1
本体価格 11,000円
税込価格 12,100円
判型 A5判上製函入
頁数 400頁
刊行日 2014年3月30日
在庫 在庫あり
※10冊以上購入ご希望の場合には別途ご連絡下さい。

はじめに ―『紫式部日記』という作品―
  一 『日記』の内容とその多様な表現形態について
  二 『日記』の内容の二面的性格と多様な表現形態に関する
     主な見解について
   (1)『日記』内容の二面的性格に関する見解について
   (2)『日記』の現存形態に関する見解について
  三 『紫式部日記』という作品をどう捉えるか

第一章 主家賛美の表現(
1)―「をかし」をめぐって―
 第一節 『日記』における「をかし」の使われ方について
 第二節 「敦成親王誕生を中心とした記録的部分」における「をかし」について
 第三節 「いわゆる〈消息〉体による随想的部分」における「をかし」について
  一 「中宮女房個人批評」における「をかし」について
  二 「斎院所と中宮所との比較批評」における「をかし」
 第四節 『日記』冒頭部と「年次不詳の十一日の暁」の記事における
      「をかし」について
  一 『日記』冒頭部の「をかし」について
  二 年次不詳の「十一日の暁」の記事における「をかし」について
第二章 主家賛美の表現(2)―「いまめかし」をめぐって―
 第一節 「敦成・敦良両親王誕生を中心とする記録的部分」における
      「いまめかし」について
  一 「敦成親王誕生を中心とした記録的部分」における「いまめかし」
     について
  二 五節の舞姫への「いまめかし」について
  三 「敦良親王誕生に関わる記録的部分」における「いまめかし」について
  四 『日記』の「いまめかし」の持つ時間軸
 第二節 「いわゆる〈消息〉体による随想的部分」における「いまめかし」
      について
  一 小大輔批評における「いまめかし」について
  二 宮の内侍批評における「いまめかし」について
 第三節 年次不詳の「十一日暁」の記事における「いまめかし」について
  一 中宮大夫斉信に対する「いまめかし」について
  二 当時の人々の「今様歌」への認識と『日記』の「今様歌」に関する記述
  三 再び「十一日の暁」の記事における「今様歌」について
第三章 《作者の憂愁の思い》を担う表現―「憂し」をめぐって―
 第一節 「敦成親王の誕生を中心とする記録的部分」における
      「憂し」①~⑤について
  一 第1節『日記』冒頭部分における「憂し」①について
  二 第24節「一条天皇の土御門殿行幸直前の記事」における
     「もの憂し」②について
  三 第34節「里居の記事」における「憂し」③について
  四 第35節「中宮の内裏還啓」記事における「憂し」④について
  五 第38節「殿上の淵酔・御前の試み」における「もの憂し」⑤について
 第二節 「いわゆる〈消息〉体による随想的部分」における
      「憂し」⑥⑦⑧について
  一 〈消息〉体前半部(第46節~第48節)の内容
   (1)第46節「中宮方女房の個人批評」
   (2)第47節「斎院方女房と中宮方女房との比較批評」
   (3)第48節「和泉式部・赤染衛門・清少納言」批評
  二 〈消息〉体後半部「作者自身の人生述懐と宮仕えのありよう」
     (第
49節~第51節)における《作者の憂き思い》の表出を担う表現
     「憂し」(含「もの憂し」「心憂し」)について
   (1)第49節「わが身をかえりみて」の記事における「もの憂し」(⑥)
   (2)第51節「日本紀の御局・楽府御進講」記事における
      「心憂し」⑦と「憂し」⑧について
 第三節 「いわゆる〈消息〉体による随想的部分」の「跋文」と
      《作者の憂愁の思い》を担う表現「憂し」との関わり
  一 第52節「求道への願いとためらひ」のもつ意味性について
  二 第53節〈消息〉体「跋文」と《作者の憂愁の思い》を担う表現
     「憂し」との関わりについて
  三 『源氏物語』登場人物をとおして語られる
     「ものいう行為」への思いについて
第四章 『紫式部日記』の回想の方法
 第一節 『紫式部日記』の日付―その顕現と喪失―
  一 紫式部日記の日付
  二 日付の顕現 ―皇子誕生部分―
  三 日付の喪失(1)―「行幸近くなりぬとて」―
  四 日付の喪失(2)―「小少将の君の、文おこせたる返りごと書くに」―
  五 一条帝行幸「当日」記事の日付
 第二節 〈消息〉体仮託による回想の方法
  一 〈消息〉体仮託による随想的部分の内容
  二 記録的部分における会話と〈消息〉体部分との重なり
  三 『日記』の中の〈消息〉(〈文〉)のありよう
  四 『日記』における随想的部分の、〈消息〉体仮託のもつ表現性について
第五章 『紫式部日記』の表現構造
 第一節 中宮女房批評をめぐって
  一 晴の盛儀と女房の装束姿
  二 人の「かたち」
  三 「心ばせ」と作者
  四 再び装束へ
 第二節 「斎院」批判をめぐって
  一 当時の斎院サロン
   (1)『大斎院前の御集』からうかがわれる斎院サロン
   (2)『大斎院御集』からうかがわれる斎院サロン
  二 二つの後宮サロンと斎院サロン
  三 『日記』の中の斎院批判
 第三節 道長像の描かれ方をめぐって
  一 皇子誕生記事における道長像
  二 歌人・文人としての道長像
   (1) 歌人としての道長像
   (2) 文人としての道長像
 第四節 比喩表現「夢のように」をめぐって
  一 『日記』の比喩表現の諸相
  二 比喩表現「夢のやうに」について
  三 『日記』の比喩表現「夢のやうに」のもつ意味性
 第五節 土御門殿の庭園描写をめぐって
  一 道長の私邸「土御門殿」について
  二 『日記』に描かれた土御門殿の庭園
  三 『日記』の庭園描写のもつ意味性について
第六章 『紫式部日記』の表現と文体
 第一節 敦成親王誕生を中心とした記録的部分に見られる文体的特徴
  一 敦成親王誕生記事(第12節)における文体的特徴
  二 一条帝土御門殿行幸直前の記事(第24節)における文体的特徴
 第二節 いわゆる〈消息〉体部分に見られる文体的特徴
  一 「斎院御所と中宮御所との比較批評」(第47節)における文体的特徴
  二 「作者の宮仕えのありよう」の述懐記事(第51節)における文体的特徴
第七章 『源氏物語』の表現
 第一節 「夕顔」巻にみられる状況表現構造
  一 「夕顔」巻における「物の怪」出現場面
  二 感覚的印象による状況表現の種々相
  三 「葵」「若菜下」「柏木」各巻における「物の怪」出現の場面描写
 第二節 『源氏物語』にみられる女性観―紫の上への表現を中心に―
  一 「雨夜の品定め」にみられる女性観
  二 物語の中の女性たち
   (1)〈空蝉〉という女性像
   (2)〈夕顔〉という女性像
   (3)〈紫の上〉という女性像
   (4)〈そのほかの人物〉に見られる女性像
  三 『源氏物語』に見られる女性観
おわりに―『紫式部日記』の作品世界―
  一 寛弘五年秋から同六年正月まで
   (1)『日記』冒頭部(序章部)
   (2) 皇子誕生ならびに各種生誕行事をめぐる部分
  二 いわゆる〈消息〉体による女房批評と人生述懐
  三 〈消息〉体部分以降、寛弘七年正月まで


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記