書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 王朝文学を彩る軌跡

研究書(文学系) 詳細

[王朝文学を彩る軌跡書影]

立ち読みする

王朝文学を彩る軌跡

書名かな おうちょうぶんがくをいろどるきせき
著者(編者)名 小山利彦 編著
著者(編者)名かな こやまとしひこ
ISBNコード 978-4-8386-0270-4
本体価格 11,000円
税込価格 12,100円
判型 A5判上製カバー装
頁数 408頁
刊行日 2014年5月15日
在庫 在庫あり

口絵

  賀茂御祖神社 御蔭祭 初芝の義
  賀茂祭 社頭の義 東遊の舞人(賀茂御祖神社)

  巻頭のことば――小山 利彦

前篇 小山利彦論稿選集

 第一章 平安京地主神、賀茂明神に関わる文学空間
  一 はじめに
  二 賀茂明神の聖空間
  三 賀茂の御生れの構造
  四 賀茂に関わる空間の留意点
 第二章 賀茂祭と王朝文学
  一 はじめに
  二 王朝文学における賀茂祭
  三 賀茂祭杜頭の儀のこと
 第三章 祇園御霊会と王朝文学
  一 はじめに
  二 王朝期における祇園御霊会の歴史資料
  三 『年中行事絵巻』の祇園御霊会
  四 王朝文学に見る祇園御霊会
 第四章 専修大学図書館所蔵伝秀吉筆『源氏の物語のおこり』試論
    ――太閤秀吉と近衞家――
  一 はじめに
  二 秀吉の動静
    ――『源氏の物語のおこり』書写の時期――
  三 慶福院の周辺
  四 「ちやあ」を探る
  五 むすびに――大澤本『源氏物語』に触れる――
 第五章 延喜・天暦の皇権
  ――『源氏物語』に描かれた風景――
  一 「いづれの御時」の時代設定
  二 古めかしい歌舞管弦
  三 光源氏物語と延喜の風景
 第六章 角田文衞著「北山の『なにがし寺』」を起点に
  一 はじめに
  二 角田文衛の北山「なにがし寺」
  三 北山「なにがし寺」の諸説
 第七章 『枕草子』賀茂の郭公試論
  一 はじめに
  二 『枕草子』に見る郭公に対する意識
  三 「賀茂へまゐる道に」の章段における「賀茂」
 第八章 『枕草子』「賀茂へまゐる道に」章段の本文と芸能
  一 「賀茂へまゐる道に」章段における田植え歌
  二 『枕草子』における「賀茂」の田植歌
     ――能因本との連関――
  三 住吉大社御田植神事の沿革と神事次第
 第九章 賀茂御祖神社禰宜里亭・河崎泉亭考
   ――
『枕草子』の「賀茂の奥」を探る――
  一 はじめに
  二 河崎泉亭里亭の位置
  三 史上に現れた河崎泉亭周辺
  四 河崎禰宜里邸の人々
 第十章 能因法師――都から東国へ――
  一 はじめに
  二 東国の地を詠んだ歌
  三 陸奥への旅
 第十一章  『更級日記』試論
  ――
文学風景への意識を軸に――
  一 風景への意識
  二 上総国府の周辺
  三 文学やその風景への憧れ
  四 風景表現の方法
  五 『源氏物語』の世界

後篇 王朝文学の新たな軌跡

平安朝和歌の生成と染色・染料 / 森田 直美
  ―『うつほ物語』の「紫」をめぐる贈答歌を中心として―― 
  一 はじめに
  二 平安朝の貴族と染色
  三 平安朝和歌と染色・染料
    ――その連関性の深さについて――
  四 『うつほ物語』の「紫」を巡る贈答歌
    ――底流する染色・染料への意識――
  五 染色・染料から考える「若紫」の具体像
  六 結語

『落窪物語』における手紙と和歌との考察 / 園山 千里
  一 はじめに
  二 手紙と物語――『源氏物語』の研究から――
  三 『落窪物語』の手紙
  四 道頼から女君への手紙
  五 女君幽閉中とその後の手紙
  六 おわりに

注釈史のなかの『河海抄』
  ――『首書源氏物語』をめぐって―― / 吉森 佳奈子
  一 はじめに
  二 『首書源氏物語』と『湖月抄』
  三 『河海抄』と『首書源氏物語』

高麗人の観相についてのノート
  ―
『花鳥余情』『細流抄』を軸にして― / 原 豊二
  一 はじめに
  二 本文異同について
  三 『花鳥余情』説再考――同時代的課題の克服――
  四 「その相」の指示するもの
  五 実隆説の彼方へ
  六 まとめにかえて

藤壺の造型―尊子内親王の系譜との関わり―― / 菅原 郁子
  一 はじめに
  二 史実の「光る」「日の宮」
  三 尊子内親王の系譜
  四 『源氏物語』における藤壺の系譜
  五 むすびに

「夕霧」巻の絵画化
  ――小野の里と鹿の情景をめぐって―― / 青木 慎一
  一 はじめに
  二 「夕霧」巻で絵画化される場面
  三 小野の里の「鹿」と夕霧の情景
  四 小野の里の絵画化――鹿の描写と詞書の有無から――
  五 まとめ

宇治十帖の「つらし」・「心うし」「うし」 / 平林 優子
  一 はじめに
  二 「つらし」・「心うし」・「うし」
               における用例数と使用法
  三 宇治十帖の「つらし」・「心うし」・「うし」
  四 おわりに

語の表記における仮名字体の「偏り」と「揺れ」
  ――米国議会図書館蔵源氏物語写本の「ケハヒ」
       と「カタハライタシ」の表記―― / 斎藤 
達哉
  一 はじめに――表記史としての仮名写本――
  二 仮名表記資料としての米国議会図書館蔵源氏物語写本
  三 議会図書館におけるハの仮名の使用原則
  四 ケハヒ、カタハライタシの異体仮名組み合わせの「偏り」
  五 「揺れ」はどこに生じるのか
  六 ハの表記に「揺れ」が生じる背景
  七 「例外」の生じる場合
  八 まとめ

イェール大学バイネキ稀覯本・手稿図書館蔵
           『手鑑帖』の制作事情 / 大内 英範
  一 はじめに
  二 『手鑑帖』について、
        およびイェール大の日本コレクションのこと
  三 見返しの絵について
  四 配列と極め札について
  五 剥がし、貼りかえについて
  六 まとめ――本手鑑の制作事情

九条稙通『和歌伝受書稿』について / 杉本 まゆ子
  一 はじめに
  二 書誌及び翻刻
  三 内容の確認(前半)
  四 内容の確認(後半)
  五 拝啓
  六 沙弥恵空百首
  七 おわりに

『紫式部日記』の叙述態度
  ――御産の空間における物の怪の描写をめぐって―― / 大津 直子
  一 はじめに
  二 「平らか」なる御産の内実
  三 物の怪を打ち負かしたのは誰か
  四 描かれる彰子
  五 おわりに

戯笑歌にみる歌掛けの技
  ――万葉集巻十六をもとに―― / 飯島 奨
  一 はじめに
  二 問題点の所在
  三 容貌をあげつらいからかう様式――戯笑歌の場合――
  四 容貌をあげつらいからかう様式――紫陽県漢族の場合――
  五 容貌をあげつらいからかう様式――モソ人の場合――
  六 三社の比較と戯笑歌の原理
  七 おわりに

洞天思想の東アジアへの流伝と平安時代の漢詩文
  ――『本朝文粋』を中心に―― / 土屋 昌明
  一 はじめに
  二 洞天の特徴
  三 洞天思想と東アジア
  四 『本朝文粋』に見える洞天思想の典故
  五 おわりに

著者紹介
初出一覧「前編 小山利彦論稿選集」
あとがき――原 豊二 / 斎藤 達哉


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記