書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 源氏物語生々流転 論考と資料

研究書(文学系) 詳細

書影-後拾遺和歌集 新風と「をかしき風躰」]

立ち読みする

源氏物語生々流転 論考と資料

武蔵野書院創業百周年記念出版
書名かな げんじものがたりせいせいるてん ろんこうとしりょう
著者(編者)名 池田和臣 著
著者(編者)名かな いけだかずおみ
ISBNコード 978-4-8386-0729-7
本体価格 16,000円
税込価格 17,600円
判型 A5判上製カバー装
頁数 540頁
刊行日 2020年3月31日
世界文学史の中でも、とりわけ早くに成立した傑作、
『源氏物語』を成り立たせ得たものは何なのか。

 仮名で物語を書くことには、どのような問題がはらまれていたのか。革新的で多様な方法、深い認識と思想、個性的な人間造型など、『源氏物語』の独自な世界形成はどのようにして獲得されたのか。『源氏物語』作者紫式部が、自らに先立つ文学的伝統――仮名表記史あるいは文学史の状況――とどう向かい合い格闘したのかを、様々な側面から考える。

本書は、『源氏物語』が、仮名で書かれた物語としてどのように自己形成し、ことばの世界としてどのような思想─世界観・人間観・文学観・美意識など─を生成し表現したのか、そして、その本文がどのように流転し変容し、様々な享受形態─注釈・評論・秘伝など─を生み出し、文学・文化・政治の世界に根を張っていったのかということの探求、『源氏物語』の生成と世界と流伝の探求の痕跡である。
末尾には、『源氏物語』関係の新出古筆切資料を掲載。

凡 例

Ⅰ 本文・文体・表現
  1 『源氏物語』の原本とは何か─当たり前からの出発─
   一 古典文学作品の原本
   二 『源氏物語』は紫式部が書いた
   三 『源氏物語』の原本は一つではない
   四 物語に対する心情の変化
   五 寛弘五年十一月の『源氏物語』は何帖あったか
   六 『源氏物語』の流転
   七 『源氏物語』の原本と古典化作用
  2 写本の書きざま─方法としての仮名 覚え書き─
   一 本文資料としての古筆切
   二 仮名消息と物語
      ─仮名文の書きざまと仮名文の文体・方法
   三 〈重ね隠す方法〉の展開
   四 『源氏物語』の方法へ
  3 『源氏物語』の文体形成─仮名消息と仮名文の表記─
   一 歌と地の文の融通
   二 作意の表記、作為の文体
   三 地の文と会話文、地の文と心内文の融通
   四 融通する文体の因由
   五 融通する文体の偏在性
   六 仮名文の表記様式の逆規制
   七 仮名消息と仮名文の表記様式
  4 『源氏物語』の引用表現における異文
      ─引用本文の行方、引用表現の含意─
   一 異文の痕跡
   二 『源氏物語』の本文と『伊勢物語』の異文
   三 錯覚による引用本文
   四 若紫・光源氏と『伊勢物語』四十九段
  5『源氏物語』と仮名
   一 仮名と〈女の一生〉
   二 『源氏物語』の仮名書芸論
   三 百花繚乱─『源氏』の女君の筆跡を古筆になぞらえる
   四 付けたり 

Ⅱ 思想と美学
  6 『源氏物語』の文学思想
      ─わが名を冠した物語の作者としての─
   一 狂言綺語の文学観と物語
   二 『蜻蛉日記』の文学精神
   三 源順・曽丹・そらごと
   四 『蜻蛉日記』から『源氏物語』へ
   五 螢巻の物語論と『蜻蛉日記』
   六 物語と和歌と三史五経と仏典と
   七 『源氏物語』の文学観・物語観
   八 付けたり 雨夜の品定めと『蜻蛉日記』
  7 物語の周縁─猥雑なるものとその行方─
   一 猥雑なる本性
   二 『源氏物語』と猥雑なるもの
   三 猥雑なるものと絵
   四 「男女ならび居たる絵」
   五 偃息図
   六 猥雑なるものの意義
  8 『源氏物語』の仏教
   一 天台浄土教の宿世観
   二 無意識的方法としての宿世観
   三 宿世の罪と愛執の罪
   四 宗教と文学
  9 『源氏物語』の美の遡源─情念の哀しさと美的慰藉─
   一 美とは
   二 美貌と愛執
   三 情念の哀しみと美的慰藉
   四 美的慰藉の淵源
 10 光源氏の愛と性
   一 背徳的な性愛と王権物語
   二 欲望装置としての光源氏
   三 美的客体化と性的身体
   四 源氏の求めた愛

Ⅲ 人物造型論 男君
 11 光源氏の造型─表現類型の中の光源氏─
   一 光源氏論のむずかしさ
   二 光源氏とその物語の原理─王権論
   三 物語行為における〈美貌〉と〈色好み〉の意味
      ─見る主体への転化、あるいは欲望の装置
   四 光源氏造型の変質と〈女の物語〉の主題性
   五 表現類型の中の光源氏
 12 「人やりならず」攷─柏木論のための序章として─
   一 柏木論の問題点
   二 「人やりならず」の文学伝統
   三 『源氏物語』の「人やりならず」
   四 源氏、柏木、薫の「人やりならず」
 13 薫の人間造型
   一 主題性の葛藤
   二 橋姫巻の薫
   三 薫の人間像
   四 薫の造型方法

Ⅳ 人物造型論 女君
 14 明石君の深層─想像力と夢─
   一 二つの視座
   二 構造上の役割と神話的想像力
   三 明石君と紫上
   四 造型の方法と来歴
 15 玉鬘の魅力─奇談性と日常性─
   一 玉鬘の役割
   二 好奇な欲望の対象─大夫監の場合
   三 好奇な欲望の対象─源氏の場合(一)
   四 好奇な欲望の対象─源氏の場合(二)
   五 好奇な存在から良妻賢母へ
 16 『源氏物語』の人間造型と『伊勢物語』
   一 「うし」と「宿世」
   二 「うし」と「つらし」
   三 『蜻蛉日記』の「うし」と「つらし」
   四 二条の后と藤壺
   五 二条の后と和歌

Ⅴ 流転─新資料による論考─
 17 『源氏物語』には五十四帖以外の巻があった
     ─散佚した巣守巻の古写本断簡─
   一 改竄される物語の写本
   二 五十四帖以外の巻の存在
   三 古本「巣守」の復元
   四 二葉の物語の断簡
   五 古本「巣守」の古写本断簡
   六 一葉目の断簡と『浜松中納言物語』散佚首巻
   七 放射性炭素14による年代測定
   八 散佚物語・古筆切・物語の流動
   九 付けたり
 18 『源氏人々の心くらべ』『源氏物あらそひ』の祖型の断簡
      ─『源氏物語』評論の初期資料発掘─
   一 さまざまなる『源氏』享受
   二 不詳『源氏物語』評論の新出断簡
   三 断簡の内容─浮舟と空蝉
   四 断簡の内容─薫と夕霧
   五 断簡は『源氏人々の心くらべ』『源氏物あらそひ』の祖型か
   六  炭素14年代測定
 19 『源氏物語』の秘説と後小松上皇
      ─新出 三条西実条筆本『兼宣公記』断章から─
   一 『源氏物語』秘説と文化的支配
   二 新出三条西実条筆本『兼宣公記』断章と旧説訂正
   三 「源氏三ヶ秘抄」および紙背の翻刻
   四 新出資料の詳細
   五 秘説伝授の政治的意味
   六 付けたり

Ⅵ 『源氏物語』の周辺
 20 紫式部の恋
   一 『日記』『家集』にどう向かい合うか
   二 『紫式部日記』の表現構造と秘められた主題
       ─道長との恋
 21 『更級日記』主題論─偽装の懺悔・功徳の放棄─
   一 物語へ、物語とともに
   二 物語の意味─偽装の懺悔
   三 さてもありはてず
   四 功徳も作らずなどしてただよふ
 22 谷崎潤一郎と『源氏物語』
   一 想像力の源泉
   二 内容面での『源氏物語』摂取
   三 情念の鋳型としての『源氏物語』
   四 文体と表記
   五 語りの方法

Ⅶ 『源氏物語』関係古筆切資料
 23 本文関係の古筆切資料
   一 古筆切の価値
   二 別本
    ①伝西行筆(御法巻)
    ②伝藤原家隆筆(明石巻)
    ③伝阿仏尼筆(手習巻)表裏
    ④伝阿仏尼筆(帚木巻)
    ⑤伝藤原行能筆(総角巻)
    ⑥伝二条為定筆(蜻蛉巻)
    ⑦伝二条為明筆(若菜下巻)
    ⑧伝二条為明筆(桐壺巻)
    ⑨伝西行筆塙正切(宿木巻)
   三 河内本
    ①伝西行筆(浮舟巻)
    ②伝藤原為家筆大四半切(薄雲巻)
    ③伝藤原為家筆大四半切(真木柱巻)
    ④伝称筆者不明(絵合巻)
    ⑤伝冷泉為相筆(松風巻)
    ⑥伝後伏見院筆大四半切(帚木巻)
    ⑦伝後花園院筆(明石巻)源氏物語抄出切
   四 青表紙本
    ①伝西行筆(浮舟巻)
    ②伝慈円筆(薄雲巻)二葉
    ③伝藤原為家筆(若菜下巻二葉・玉鬘巻)
    ④伝藤原為家筆(若菜上巻)
    ⑤伝慶融筆(帚木巻)
    ⑥伝称筆者不明(御幸巻)
    ⑦伝冷泉為相筆(夕顔巻)
    ⑧伝冷泉為相筆(明石巻)
    ⑨今川了俊筆伊予切(夕顔巻)
    ⑩伝一休筆須磨切 (須磨巻)
   五 絵巻詞書
    ①伝称筆者不明 源氏物語絵巻詞書(須磨巻)
   六 後人書き加えの巻
    ①伝花園院勾当内侍筆(伝後光厳院筆)
      山路の露(源氏物語続篇)断簡二葉
 24注釈書・梗概書・和歌集・その他の古筆切資料
   一 注釈の始原
   二 注釈書
    ①伝二条為明筆 源氏釈切
    ②伝浄弁筆 源氏釈切 表裏
    ③伝四辻善成筆 河海抄 細川切
    ④伝寂連筆 不明注釈切
   三 梗概本
    ①伝二条為重筆 梗概本切
    ②伝後花園院勾当内侍筆 梗概本切
   四 源氏物語和歌集
    ①伝京極良経(為家)筆 葦手下絵源氏物語和歌集切
    ②伝藤原為家筆 源氏物語和歌集切
    ③伝松尾芭蕉筆 源氏物語和歌集切
 初出一覧


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記