書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 大和物語の達成─「歌物語」の脱構築と散文叙述の再評価

研究書(文学系) 詳細

yamatomonogatari

立ち読みする

大和物語の達成─「歌物語」の脱構築と散文叙述の再評価

武蔵野書院創業百周年記念企画
書名かな やまとものがたりのたっせい―「うたものがたり」のだつこうちくとさんぶんじょじゅつのさいひょうか
著者(編者)名 東原伸明/山下太郎 編
著者(編者)名かな ひがしはらのぶあき/やましたたろう
ISBNコード 978-4-8386-0490-6
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 四六判上製カバー装
頁数 400頁
刊行日 2020年5月20日
在庫 在庫あり
大和物語の再評価

大和物語は従来、伊勢物語と共に「歌物語」というジャンルで一括されてきた。しかし、その括りで一括することが、果たして適正であったか。脱構築し、「歌」じたいの位相を見極め、「散文」への方法性を模索することなど再検討の時機に来ている。本書は、大和物語のじたいの達成を見極め、再評価することを希求する。

 はじめに─『大和物語』の再評価を求めて─   山下太郎

Ⅰ 『大和物語』自身の達成
『大和物語』第149段の〈語り〉と言説分析
  ─散文叙述への意思と「歌徳譚」の決別あるいは
   伊勢物語』第23段の脱構築― 東原伸明

『大和物語』の創り出しているもの
  ─「歌物語」から「物語」へ─ 辻 和良

「女からの贈歌」研究への疑義
  ─『大和物語』を起点として─    星山 健

『大和物語』の「となむありける」
  ─〈歌物語〉の生成─ 山下太郎

『大和物語』柔子内親王関連章段における一考察
  ─省筆を起点にして─    勝亦志織

「霞ならねど立ちのぼりけり」考
  ─『大和物語』一四六段をめぐって─    亀田夕佳

『大和物語』の創作性一斑
  ─第六十六~六十八段論─     玉田沙織

右近関係段
  ─特徴付けられた人物設定について   近藤さやか

『大和物語』八十九段の和歌表現と構成についての考察
                   内藤英子

「妻」たちの恋愛譚
  ─『大和物語』の妻が拓く物語─     池田大輔

Ⅱ 『大和物語』からの達成
プレテクスト『大和物語』の想像力と創造力
  ─『源氏物語』「若紫」巻の 注釈・引用・話型─
                   東原伸明

方法としての歌語り
  ─『大和物語』の語りから『源氏物語』帚木三帖へ─
                   水野雄太

紀貫之と併記の方法
  ─大和物語二十八段を起点として─   原 豊二

Ⅲ 『大和物語』達成の意義

『大和物語』における〈記録〉の方法
  ─歌話採録に見える戦略─   勝亦志織

Ⅳ 『大和物語』達成のために
大和物語研究史素描
  ─〈歌語り〉と〈歌物語〉、その往還─
        (付:参考文献目録)  山下太郎

Ⅴ 特別寄稿 海外通信

イェール大学大学院における日本古典文学研究私情
  ─モノの視点が語ること─  ローレン・ウォーラー

 あとがき     東原伸明
 和文・英文要旨(Abstracts)
 執筆者紹介


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記