書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 異貌の『源氏物語』

研究書(文学系) 詳細

異貌の『源氏物語』

立ち読みする

異貌の『源氏物語』

書名かな いぼうのげんじものがたり
著者(編者)名 藤井由紀子 著
著者(編者)名かな ふじいゆきこ
ISBNコード 978-4-8386-0749-5
本体価格 8,000円
税込価格 8,800円
判型 A5判上製カバー装
頁数 284頁
刊行日 2021年5月10日
在庫 あり

『源氏物語』とは何か

 『源氏物語』には、膨大な研究史があるにもかかわらず、いまだ解釈が揺れている箇所が存在する。一方で、批判的な検証を経ないまま定説化している言説もある。それらの箇所を、「ことば」一語一語に拘り、精緻な本文解釈を目指して再検討することで、既存の〈読み〉の見直しを図る。さらに、「もののけ」、「魂」、「夢」、「猫」といった事象を通して、『源氏物語』に描かれた「心」の問題に迫る。
 中古・中世の物語文学を研究してきた著者はじめての論文集。

 

【目次】
凡例

第Ⅰ部 『源氏物語』という「物語」
   第一章 光源氏の「日記」考
       はじめに
       一 日記の役割
       二 「物語」の根源
       三 「ひが事」のなかの〈史実〉
       おわりに
   第二章 「昔物語」考
       はじめに
       一 「昔物語」の定義
       二 「昔物語」が指し示すもの
       三 「昔物語」という表現の意図
       四 『源氏物語』の時間意識
       おわりに

第Ⅱ部 『源氏物語』を〈読む〉ということ
   第一章 藤壺の宮の「女心」
       はじめに
       一 「わがかう思ふ」の解釈
       二 古注釈に見られるバイアス
       三 「おほかたに」歌の解釈
       おわりに
   第二章 須磨の暴風雨
       はじめに
       一 八百万の神
       二 鳴る神
       三 住吉の神
       おわりに
   第三章 「静かなる」六条院
       はじめに
       一 六条院の理想性
       二 六条院の〈栄華〉の本質
       三 准太上天皇という位
       おわりに
第Ⅲ部 六条御息所論
   第一章 『源氏物語』の霊魂観
       はじめに
       一 遊離魂とは
       二 人魂が現れるとき
       三 「もの思ひ」と遊離魂
       四 「心」と「魂」
       おわりに
   第二章 六条御息所の「心の執」
       はじめに
       一 死後も物語に現れる人々
       二 「もののけ」の定義
       三 夢に現れることの意味
       四 もののけの「心」
       五 もののけ退場の論理
       おわりに
   第三章 鈴虫巻の六条院
       はじめに
       一 六条院の秋の町
       二 「八月」の六条院
       三 「ところせき」六条院、「静かなる」仙洞御所
       おわりに

第Ⅳ部 「夢」と「猫」の表現史
   第一章 柏木の猫の夢
       はじめに
       一 「猫」と懐妊
       二 〈懐妊を表す夢〉の特徴
       三 柏木の夢の表現の論理
       おわりに
   第二章 〈懐妊をめぐる夢〉の諸相
       はじめに
       一 説話における懐妊の夢
       二 父と〈祈り〉
       三 物語における懐妊の夢
       四 〈密通〉と夢
       おわりに
   第三章 平安文学における猫
       はじめに
       一 〈擬人化〉される猫
       二 猫と夢
       三 猫と「心」
       おわりに

   初出一覧
   あとがき
   索引


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記