書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(文学系) > 林田孝和著作集 第二巻 源氏物語の精神史研究

研究書(文学系) 詳細

9784838607518

林田孝和著作集 第二巻 源氏物語の精神史研究

書名かな はやしだたかかずちょさくしゅう だいにかん げんじものがたりのせいしんしけんきゅう
著者(編者)名 林田孝和 著
著者(編者)名かな はやしだたかかず
ISBNコード 978-4-8386-0751-8
本体価格 5,700円
税込価格 6,270円
判型 A5判上製函入
頁数 312頁
刊行日 2021年5月15日
在庫 有り

 【目次】
  凡例
源氏物語の精神史研究
  序論 源氏物語の発想から精神史へ

第一編 霊魂信仰よりみた物語形象論の展開
  第一章 源氏物語の葬列
   ─「車より落ちぬべう惑ひ給へば」を焦点に─
   一 桐壺更衣の葬送の場
   二 王朝びとの霊魂観
   三  〈魂結び〉〈魂触り〉の呪術
   四 生きかえる死者たち
   五 死者招魂の呪法
   六 殯と重層表現
   七  葬列における母の位置
    むすび─葵上・桐壺更衣の招魂の実相─
  第二章 源氏物語の夢の位相
    はじめに
   一 夢とうつつ─大和物語生田川の段を中心に─
   二 源氏以前の夢
   三  夢枕にたつ紫上
   四 源氏正篇の夢
   五 古代王権と夢
   六 浮舟物語の夢
    むすび
  第三章 影の文学
   一 影になるかぐや姫
   二 幻視する世界
   三  かげとたましいと
   四 影媛・朝影をめぐって
   五 安積山の物語
    むすび
  第四章 源氏物語の絵
       ─影・絵・形・人形をめぐって─
    はじめに─影になった姫君の実像 ─
   一 影と肖像画
   二 薫の大君追慕
   三 カタドルことの意味
   四 男女共寝の絵姿
    むすび

第二編 源氏物語の作中人物造型論
  第一章 源氏物語主人公造型の方法
       ─紫上を中心にして─
    はじめに
   一 紫上の登場
   二 神の子の物語の特徴
   三 捨て子・申し子の物語
   四 御落胤説話の成立と主人公の素姓
   五 晩生の紫上
   六 みなし子譚から継母子譚へ
   七 二条院の経営
   八 女三宮の造型
    むすび
  第二章 若紫の登場─光源氏「北山行き」の精神史─
    はじめに
   一 春山入り・山遊び
   二 北山の情景と国見儀礼
   三 国見から観桜花へ
   四 観桜花の物語的時空
   五 光源氏の未来
    むすび
  第三章 紫上の妻の座
    はじめに
   一 垣間見られる処女
   二 紫上の初体験
   三 紫上の急成長
   四 殿のおはすべき町に
   五 紫上の正妻の座
  第四章 源氏物語第二部の主題
       ─紫上の妻の座の視角から─
    はじめに─主題の多面性─
   一 女三宮の降嫁を受けた理由
   二 正妻の座
   三 紫上の苦悩
   四 紫上の矜恃
   五 消えぬ源氏不信
   六 「若菜下」巻の空白
   七 苦悩を生きる支えとする紫上
    むすび
  第五章 弘徽殿女御私論─悪のイメージをめぐって─
    はじめに
   一 悪后
   二 政治的人物
   三 弘徽殿の魅力
   四 帝王の愛のあり方
    むすび
  第六章 源氏物語の醜女─末摘花・花散里の場合─
    はじめに
   一 花散里の容貌
   二 醜女・醜男の物語
   三 末摘花・花散里の位置
   四 醜の本義
   五 降魔の相
    むすび

第三編 源氏物語の自然描写の精神史
  第一章 叙景文学の伝統と物語の表現
    はじめに
   一 自然崇拝
   二 叙景文学発生の場
   三 叙景歌の行く方
   四 物語の自然描写
    むすび
  第二章 源氏物語の自然描写─月光の美─
   一 夜の心象風景
   二 月光設定の三つの型
   三 月の宴
   四 月夜の霊と物怪と
   五 月下の交情
   六 月待つ女の物語
  第三章 源氏物語にみる雪の精神史
    はじめに
   一 王朝びとの雪
   二  喜降瑞雪─雪見・大雪見参・初雪見参など─
   三 源氏物語の雪の場面とその用語例
   四 霊出現の場
   五 白のフォークロアと思惟的構造
  第四章 源氏物語の天変の構造
     はじめに
   一 霊出現の場面
   二 「八百万」の歌に感応するもの
   三 物のさとしと桐壺院の霊の性格
   四 「薄雲」の巻の天変
     むすび
第四編 源氏物語の研究史と研究の方法
  第一章 現時点における作品分析の方法
   一 戦後の研究史の体系
   二 表現論─「色好み」論の視角から─
   三 方法としての語り・テクスト・和歌
   四 最近の研究書など
   五 方法論の有効性
  第二章 源氏物語の民俗学的研究
   一 生活の古典
   二 民俗学の概要の把握
   三 民俗資料とその収集の方法
   四 民俗学的研究の方位
  第三章 源氏物語の固有信仰
   一 オリジナルな発想
   二 アプローチの方法とその有効性
       あとがき


   解説  太田敦子


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記