書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 研究書(語学系) > 名目鈔声点本の研究

研究書(語学系) 詳細

名目鈔声点本の研究 枠有 (1)

立ち読みする

名目鈔声点本の研究

書名かな みょうもくしょうしょうてんぼんのけんきゅう
著者(編者)名 上野和昭著
著者(編者)名かな うえのかずあき
ISBNコード 978-4-8386-0760-0
本体価格 12,000円
税込価格 13,200円
判型 A5判上製カバー装
頁数 432頁
刊行日 2021年10月8日
在庫 あり

日本語アクセント史資料としての名目鈔伝本と、
そこに差された声点についての研究

 本書は、声点の差された名目鈔伝本について検討し、そこに差された声点がどのような音調をあらわしているかということを研究したものである。もとよりその目的は日本語アクセント史研究に資するところにあり、さらには中世以降、四声観が変容するなかに名目鈔の声点を位置づけることを目指すものである。

【目次】
 はしがき
   凡例

第一章 名目鈔とその伝本
   第一節 名目鈔の著者自筆本
   第二節 名目鈔諸本の系統

第二章 名目鈔の声点本
   第一節 名目鈔声点本研究の経緯と現状
   第二節 中院通秀の声点を伝える諸本
   第三節 尊海識語本の声点と後水尾院点
   第四節 多和文庫本
   第五節 平松文庫本
   第六節 神原文庫本
   第七節 増補系諸本

第三章 名目鈔に差された声点とアクセント
   第一節 名目鈔に差された声点による
        アクセント史研究の現状
   第二節 和語に差された声点とアクセント
   第三節 三拍以下の漢語に差された声点とアクセント
   第四節 四拍の漢語に差された声点とアクセント
   第五節 名目鈔の四声観

 参考文献
 本書と既発表論文との関係
 あとがき

 附録
  東山御文庫本(著者自筆本)翻刻
  名目鈔「第三群」六本対照 声点付語彙索引

 索引

一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記