書籍案内

ホーム > 書籍案内 > 注釈書・単行本など > 源氏物語桐壺巻論

注釈書・単行本など 詳細

9784838604982

立ち読みする

源氏物語桐壺巻論

書名かな げんじものがたりきりつぼまきろん
著者(編者)名 吉海直人 著
著者(編者)名かな よしかいなおと
ISBNコード 978-4-8386-0498-2
本体価格 3,000円
税込価格 3,300円
判型 四六判並製カバー装
頁数 324頁
刊行日 2021年11月1日
在庫 近刊
源氏物語桐壺巻深読みのススメ
 本書は、第一部 人物論Ⅰ(主要人物)・第二部 人物論Ⅱ(脇役)・第三部 表現論(特殊表現)の三部立てで構成される。源氏物語桐壺巻を立体的かつ深く読み進めることを企図した、著者三十年に亘る研究の成果である。

目 次

はじめに

第一部 人物論Ⅰ(主要人物)

 一章 桐壺帝
 二章 桐壺更衣
 三章 藤壺
 四章 左大臣
 
五章 右大臣

第二部 人物論Ⅱ(脇役)
 六章 弘徽殿女御の皇女達
 七章 桐壺更衣の母北の方
 八章 兵部卿宮―もう一つの光源氏物語―
 九章 親王達―もう一つの光源氏物語―

第三部 表現論(特殊表現)
 十章 「をのこみこ」をめぐって
 十一章 「疑ひなき儲けの君」をめぐって
 十二章 『源氏物語』「にほひやか」考
 十三章 『源氏物語』「たゆげ」考
付録   桐壺巻深読みのすすめ
初出一覧
あとがき


一覧に戻る

書籍案内

  • 新刊
  • 近刊
  • 話題の本(おすすめ)
  • 古典影印叢書
  • 研究書(語学系)
  • 研究書(文学系)
  • 注釈書・単行本など
  • 教材

武蔵野書院のブログ

紫式部学会のブログ

特定商取引に基づく表記